臨月の妊婦の運動と健康について

臨月の妊婦の運動と健康について

Thumb?1414295452 muah♪さん

1079

臨月でも適度な運動は必要?健康的な運動量とは


  • 安産のためにも

  • 安産のためにも
  • 出典: instagram.com

  • 臨月の妊婦の運動は基本的には軽いウォーキングなどを30分程度するだけで十分で、おなかが重いので負荷がかかるので、坂などの無いところを選んで歩くと、気持ちよく歩くことができます。また段差や階段があるとおなかが邪魔で見えにくいので転んでしまう恐れがあるので、なるべく段差や階段の無い場所を選んで歩きます。また産婦人科などでは安産体操を取り入れているところも多いので、講習会に参加をして、妊婦と赤ちゃんの健康のために安産体操を積極的に取り入れるのも健康的に臨月を過ごす方法の一つです。
  • 身体に負担はかけないように

  • 身体に負担はかけないように

    出典: instagram.com

  • 臨月は赤ちゃんが下半身に下がってくるので脚の付け根の部分が痛くなったりするので、動くのがつらいということもあるのですが、それでも軽く運動をするだけで、お産のときの体力を養うことができるので、積極的に体を動かして、体力を付けた状態でお産を成功させましょう。
    臨月になると困ることといえば、体重管理が難しくなるということで、今まで何ヶ月もの間、ずっと胃を圧迫していた赤ちゃんが、下腹部に移動したことで空腹を感じやすくなってしまって、ジャンクフードやインスタントラーメンなどを食べ過ぎてしまうことがあるのですが、塩分を摂りすぎてしまうと妊娠中毒症になる確率が上がるので、食べすぎには注意が必要で、食欲が止められない場合には、呼吸法を10分程度するとセルフコントロールできるようになるので、食べたくなったらとりあえず10分間だけ我慢をする習慣を付けると食欲を抑えることができます。
    また食べた場合の将来のリスクや自分の将来の体型のことを考えると、食欲が抑えられるので、とにかく食べたくなったときは、5分から10分間は将来の自分の姿を考えたり、呼吸法をするなどして自分の心をコントロールしていきます。
  • 性生活にも注意を

  • 性生活にも注意を

    出典: instagram.com

  • 体重管理は非常に重要で、脂肪が付きすぎて体が重くなってしまうとお産が終わっても、その脂肪がなかなか取れないので、注意が必要です。空腹に耐えられるか否かで産後の体型が決まるので、しっかりと自己管理をして、脂肪を付けすぎないようにすることが大切です。
    臨月は妊婦にストレスがかかりますが、夫にもストレスが多くなるので、性欲が増してしまうことがあります。ストレスは基本的に性欲を誘発しやすいので、その場合には挿入は絶対にしないようにすることが必要で、夫の性欲を抑えるためにオーラルセックスや手で射精させるなどの対処をしないと、感染症などにかかってしまう可能性があります。

臨月の妊婦の運動と健康について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事