臨月のラマーズ法はいつから行うのか

臨月のラマーズ法はいつから行うのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

903

初めて赤ちゃんを出産するという場合、さまざまな不安や心配があるかもしれません。


  • 出産に向けて

  • 出産に向けて
  • 出典: instagram.com

  • 出産に対して有効なヨガや呼吸法などもありますが、いつから行えば良いのか分からないという人も多いでしょう。まず、臨月に入ったら、生まれる日まで穏やかに過ごすことがなにより大切です。穏やかに過ごすだけならとても簡単なように思えるかもしれませんが、実際にはなかなか難しいのです。臨月になると毎日体調の変化に悩まされますし、足や腰の痛みなども出てきます。陣痛への恐怖を和らげたいという思いや、早く産んでしまいたいと考え、普段より運動を多めにしてしまうこともあるかもしれません。しかし、出産は一人で行うものではなく、医師や助産師の力を借りて行うことになります。子宮と赤ちゃんの準備が整った時、陣痛や破水などが起こってくるのです。そこでその日が来るまでしっかりと心を落ち着けて、臨月の時はあまり運動をしないようにすることも大切です。運動をすると早く生まれるようになるのですが、赤ちゃんの準備が整うより前にお産が始まるとトラブルの原因となってしまうこともあるのです。
  • 自分に合った方法で

  • 自分に合った方法で

    出典: instagram.com

  • また、陣痛が来たら楽な姿勢を早く見つけることも大切であり、仰向けが良い人や横向きが良い人など人によってさまざまです。楽な姿勢は陣痛の間隔が短くなる前に見つけておくと良いのですが、後は出産までリラックスして過ごせるようになるでしょう。また、出産が近づくと赤ちゃんを出したいと考え、お腹に力を入れてしまうかもしれません。しかし、子宮口が開くよりも先に力を入れてしまうと、裂傷や大出血などのトラブルを引き起こすこともあるので注意しましょう。臨月の時にはラマーズ法と呼ばれる呼吸法がよく知られているのですが、これをやることに夢中になって酸欠になったり、上手くできなくてパニックになったりする人もいます。一口に呼吸法といってもいくつかの種類があるため、自身に最適な方法を選んでいきましょう。ごく自然な呼吸法により、陣痛の痛みを緩和できることがあります。
  • リラックスを心がけましょう

  • リラックスを心がけましょう

    出典: instagram.com

  • この方法では、痛い時に大きく吸うことと大きく吐くことを意識するのですが、3秒ぐらいかけて吸って同じくらいの時間をかけてゆっくりと吐くように心がけます。息を吐く時には、あまりお腹に力を入れないように気をつけます。深呼吸をすることに意識を向けることがポイントであり、それによって痛みから意識が逸れますし、お腹に力も入りにくくなるでしょう。

臨月のラマーズ法はいつから行うのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事