臨月のスクワット 足腰のトレーニングにも

臨月のスクワット 足腰のトレーニングにも

Thumb?1414295452 muah♪さん

443

臨月は、妊娠してから10カ月が経過した時期を指す言葉で、お腹の中の赤ちゃんは生まれる準備を本格的に行うようになります。


  • 臨月の体の変化

  • 臨月の体の変化
  • 出典: instagram.com

  • 母体にもお腹が大きくなる等の様々な変化が生じるようになり、それだけ体にかかる負担も大きくなります。体調を崩さない様に注意を払うと共に、安全に出産するための準備も必要です。そこでおすすめなのが、スクワットと呼ばれている足腰の運動です。
  • 妊娠中にもおすすめのスクワット

  • 妊娠中にもおすすめのスクワット

    出典: instagram.com

  • スクワットは、股関節を開いて立ったり座ったりする運動であり、筋力をキープすると共に子宮に対して適当な刺激を与える効果もあります。また、骨盤が広がるので、赤ちゃんの位置が自然に下がります。このために、陣痛を呼びやすくなるという点でもメリットがあります。

    出産は、かなりの体力を必要とする上に、数日を要する様なケースもあります。これに対応するためには、踏ん張る際に使用する足腰の筋肉は重要なポイントとなります。スクワットを行う事により出産に要する体力が身に付くだけではなく、スムーズな出産が可能となるという二重の効果を期待できます。
  • 行う場合は正しい方法で

  • 行う場合は正しい方法で

    出典: instagram.com

  • また、スクワットは場所を取らずに行える運動であり、自分のペースで無理をせず続けられるという事も利点です。筋力以外にも肺活量や柔軟性にも効果的であり、ストレスや不安の解消等の精神的な部分に対してもメリットがあります。ただし、臨月に入ってから無理をするのは、逆効果に見舞われる危険があるので注意が必要です。

    スクワットを行う上で特に注意が必要なのが、破水です。これは、赤ちゃんを包んでいるお腹の中の膜が破れて、羊水が外に流れてしまう現象です。重い物を持ったり咳をする等、お腹に圧力や刺激が加わった時に起こりがちです。スクワットの効果を高めるために、強度を上げ過ぎるとトラブルに見舞われる確率も高くなります。

    このために、回数や速さ、角度等に十分注意した上で、体に負担が大きくなる過ぎない様に慎重にしなくてはなりません。少しでも異常を感じた場合は、いったん中断して安静にする等の冷静な行動が求められます。破水した場合は、24時間以内に陣痛が開始すると考えられているので、心の準備をすると共にすぐに病院に行かなくてはなりません。
  • まとめ

  • スクワットは安全な出産を行うために多様な効果を期待できる運動です。しかし、過ぎたるは及ばざるが如しという言葉がある様に、自分の体調をよく認識した上で適切なペースと強度で行う事が必要です。

臨月のスクワット 足腰のトレーニングにも
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事