臨月の胎動が激しい時

臨月の胎動が激しい時

Thumb?1414295452 muah♪さん

1996

妊娠初経験の人は周囲の経験者から話を聞いても、実際に自分自身が体験したわけではありませんから、先のことが不安になるものです。


  • 胎動の変化

  • 胎動の変化
  • 出典: instagram.com

  • 臨月の胎動が激しい状態になると、いよいよ生まれてくるのではないか、病院へ急いだ方のがよいのではと慌ててしまう妊婦さんがいます。しかし、周囲の経験者や巷の口コミでは、臨月の胎動が激しいと、まだお産がくる状況ではないという意見がよく聞かれますが、これにはわけがあります。
    臨月に入ると、お腹の赤ちゃんは子宮の下の方に移動し、ちょうど骨盤の中に入り込むような体勢に変化します。生まれる準備を整えている状況ですが、この時に赤ちゃんの頭は骨盤に固定される形になります。
    頭が固定されるのと同時に、赤ちゃんの身体が大きくなったことで動き回れるスペースが小さくなるために、身動きがし辛くなり、胎動が少なくなります。これが胎動が激しいうちは、まだ生まれてこないといわれる所以です。
  • 不安な場合は病院へ

  • 不安な場合は病院へ

    出典: instagram.com

  • お腹の赤ちゃんが活発だからといって、まだ生まれてこないとは限らないのが本当のところです。頭が固定され、動くスペースが小さくなっても、身体をよく動かす活発な赤ちゃんはいるものです。分娩中においても、身体を動かす赤ちゃんはいます。この子の個性だと考え、あまり不安にならず、過ごすようにしたいものです。臨月を迎えたなら、いつでもお産ができるよう、病院へ向かう準備などをしておくのがよいでしょう。
    臨月においてのお腹の赤ちゃんの動きには、様々なものがあります。激しくお腹を蹴飛ばす、子宮口を押されるような感覚や、骨盤に向かって頭突きをする感覚など、とてもユニークです。よく動いてはいても激しくではなく、ゆっくりとお腹の中で動く赤ちゃんというのもいます。
    逆に、胎動が一切ない場合の方が心配です。過剰になる必要はありませんが、1日中全く動かないのであればお腹の赤ちゃんがよくない状態であることも考えられますので、できるだけ早く病院に連絡をしたり、向かうようにしてください。
  • リラックスして過ごしましょう

  • リラックスして過ごしましょう

    出典: instagram.com

  • 胎動がないからと妊婦さんが不安になっていると、そのストレスがお腹の赤ちゃんに伝わり、胎動がなくなる場合もありますので、リラックスする状況を作ることも大切になります。
    陣痛を迎えるといよいよ病院へ向かうことになりますが、その前に前駆陣痛というものがくる人も中にはいます。前駆陣痛は次第に痛みが弱くなるもので、いつも通りに過ごしていて構わないものですので、覚えておくとよいでしょう。

臨月の胎動が激しい時
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事