臨月の胎動と新生児の関係

臨月の胎動と新生児の関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

776

妊娠後期になると、お腹の中にいる赤ちゃんの胎動が一層激しさを増してきます。


  • もっとも胎動を感じる臨月

  • もっとも胎動を感じる臨月
  • 出典: instagram.com

  • 胎動が起こるのは赤ちゃんが活発に動いているからです。最も胎動を激しく感じるのは臨月に入ってからでしょう。臨月とは妊娠10ヶ月のことですが、この頃になると一日中動いているような感覚があります。もちろんお腹の中の赤ちゃんも眠ったり起きたりを繰り返していますが、新生児と同じように短い時間しか眠らないため良く動いているのです。
    時には妊婦さんが眠れない程激しい胎動を感じることもあります。新生児ならミルクを飲んで眠ってしまうので、その間にお母さんも一緒に眠ることができます。生まれてからの新生児は眠っているかどうかが確認できますが、お腹の中にいる間は起きているのか眠っているのかもよく分かりません。臨月の妊婦さんが夜眠ろうとしても、夜中から動きが激しくなる赤ちゃんもいるでしょう。
  • 赤ちゃんの動き

  • 赤ちゃんの動き

    出典: instagram.com

  • 胎動があっても眠れないわけではありませんが、あまり激しいと眠っていても起きてしまうことがあります。夜間に眠ってくれない赤ちゃんを落ち着かせる方法は人それぞれ違いますが、色々と試してみて効果のある方法を見つけておくといいですね。例えば静かな音楽を聴いたり、お腹をさすりながら話しかけてあげるという方法もあります。単純に眠る姿勢を変えてみるという方法も効果的です。臨月にはお腹が相当重くなっているので、仰向けの状態で眠ることはほとんど不可能です。右が左を向いて眠ることになりますが、いつも右側を向いて眠りに就く方は反対を向いてみましょう。また、座布団を使ってお腹や腰を支えたり、足を高くして眠りに就くという方法もあります。
    いずれにせよ胎動が活発であれば赤ちゃんが元気に動いていることの証ですから、夜間に胎動が激しくて眠れない方は昼間赤ちゃんが静かにしている時を見計らって仮眠を取るようにしましょう。
  • 生活リズムの安定

  • 生活リズムの安定

    出典: instagram.com

  • 生後間もない新生児は、胎児の頃と同じように生活のリズムが定まっていません。昼も夜も関係なく活動するので、お母さんは眠りたくても眠れずに体がまいってしまうことがあります。そんな時は一人で無理をせずに周囲に協力を求めることが大切です。おむつ替えや抱っこ、沐浴等はお父さんにお願いして、少しでも眠る時間を作るようにしましょう。退院後は家事も程々にしなければなりません。生後一カ月になる頃には夜間に眠る時間が増えていきます。夜中に2回起きていた赤ちゃんが1回になり、やがて朝方まで眠ってくれるようになります。

臨月の胎動と新生児の関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事