臨月の胎動の激しい動き

臨月の胎動の激しい動き

Thumb?1414295452 muah♪さん

1430

臨月の胎動の激しい動きは赤ちゃんが無事に元気に育っている証拠とも言えます。


  • 身体の変化

  • 身体の変化
  • 出典: instagram.com

  • 臨月に入ってお産が近づいてくると、妊婦さんの体にはさまざまな変化がみられます。妊娠9カ月も過ぎたころに赤ちゃんが下がってきていたり、ホルモンバランスの変化が起こります。また、子宮口が開いてきたからお産が近いかもしれないと言われることがあります。臨月の時期になると生まれる予兆がみられるようになってきます。骨盤の間にすっぽりと収まっていき、おなかのふくらみが下がることが外から見ても確認でき、妊婦さんは胃がすっきりしたような感覚を感じます。臨月に子宮内の赤ちゃんの頭が骨盤に固定されることによって、赤ちゃんの成長による変化が起こります。
  • 体調管理は万全に

  • 体調管理は万全に

    出典: instagram.com

  • 臨月のお産が近づく胎動の激しい動きが和らぐこともあります。一般的には胎動の回数や力加減に変化があらわれ、落ち着いてきます。ただし、この頃の赤ちゃんは20分から30分ごとに寝起きを繰り返し、手足を自由に動かしますので、激しい動きなどの胎動が全くなくなることは基本的にはない部分です。赤ちゃんが子宮の下の方に降りることが原因による胃痛やむくみを生じたり、下痢などの症状を引き起こしますので妊婦さんの体調管理には万全の注意が必要になります。
  • 胎動は人それぞれ

  • 胎動は人それぞれ

    出典: instagram.com

  • 臨月の胎動の感じ方は個人差がありますが、さまざまな出来事が妊婦さんの体にあらわれてきます。臨月に入って陣痛がきてから下腹部に激しい動きがあったり、子宮口を押し広げるようにと押されて尿意のような感覚もい起こります。骨盤に対して赤ちゃんが激しく動いている感じがあり、胎動よりも骨痛があるケースも考えられ体の注意が必要になります。臨月に入って生じる多くのケースにおいて、赤ちゃんが子宮口の付近まで下がってくると、今までいたところよりも胎動を感じています。激しい動きは全般的に和らぎますが、安心せずに妊婦さんの体の様子を見ていくことも大切になります。
  • 心の準備をしておきましょう

  • 臨月の胎動は、弱くなる減っていくことが一般的ですが、胎動が激しいうちはお産はこないという話もありますが、断言はできないのが妊婦さんの体なのです。赤ちゃんは生まれる直前まで、個人差によってはおなかの中で動いていることもあります。臨月の胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠といえます。心配になる妊婦さんもいますが、元気な証拠だと考えられれば、メリットとして気分を切り替えられます。のびのびと成長している元気な赤ちゃんが育っている証拠が臨月の胎動の激しい動きであるからです。お産が近づいてきてからは気持ちを引き締めて、心の準備をしておくことが最善といえます。
臨月の胎動の激しい動き
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事