臨月で夜眠れない原因はいろいろ

臨月で夜眠れない原因はいろいろ

Thumb?1414295452 muah♪さん

592

臨月になると悩む症状は、胃が押されて不快感を感じたり、便秘がちになったり、悪阻(つわり)が長引き、吐き気まで感じる場合もあります。


  • 複数ある原因とは

  • 複数ある原因とは
  • 出典: instagram.com

  • 長い間立ち仕事をしてしまったり、無理をした後はお腹の張りを感じ、一度座ったら立ち上がれない、夕方には横になってしまうこともあります。日常、足元が見えないので転ばないよう慎重にもなりますし、恥骨が痛くて歩くのも億劫になってきます。また臨月ともなると普通分娩を予定している初産の妊婦さんは、経験したことのない陣痛がどの程度の痛みなのかわからず、不安になることもあるでしょう。妊婦さんは“幸せの象徴”で、ねたまれたらという不安を持つ方もいます。腰痛が辛くてもマッサージを受けられませんし、家電店では健康マッサージ椅子に座ることも不可になってます。他にカフェインを取れないなど妊婦さんだからという制約がいろいろありすぎてストレスも知らず知らず溜まっているのです。胎動も頻繁に感じ、赤ちゃんの足がお腹を蹴ってくるでしょう。
  • できるだけ薬には頼らずに

  • できるだけ薬には頼らずに

    出典: instagram.com

  • 気になって眠れないこともありますが、赤ちゃんが元気な証拠です。お母さんが横になって体が休まると赤ちゃんも喜んでると思って下さい。健康な妊婦さんなら、適度なウォーキングは必要です。重たい荷物はなるべく持たず、トイレも近くなってくるので、何かあったらすぐ家に戻れるぐらいの距離が安心です。遠出の際はトイレの場所を確認しておくと安心です。またこの頃になるといつも眠いという日があります。睡魔が来たら、軽く横になる程度にしてしっかり眠らないようにしましょう。夜に眠れなくなる原因は、不快な症状の悩み、精神的な不安の他に大事を摂り過ぎて日中あまり動かないでいると、夜にしっかり眠れません。眠れないからといって睡眠薬を飲むのは厳禁です。風邪薬でさえも今まで気を付けてきたはずですから、極力お薬は控えましょう。
  • 適度な運動もおすすめ

  • 適度な運動もおすすめ

    出典: instagram.com

  • 妊婦さんでも安心して飲める漢方薬やサプリメントもあるので定期検診で相談してみましょう。出産は体力がいるので、出産前でも無理なくできる運動として夜、寝る前に“寝ながらスクワット”をお勧めします。仰向けに寝たら、腰を上げると太ももで上体を支える形になります。それを1分ぐらい継続し、慣れたらかかとも上げたり下げたりします。息が上がるほど苦しいといったこともなく、大腿筋を鍛えることができます。数回やって疲れたら寝るようにすれば妊婦さんの運動不足は解消します。出産後、腰周りもすっきりします。

臨月で夜眠れない原因はいろいろ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事