臨月期の腰痛はなぜ起こる?その原因と上手な付き合い方

臨月期の腰痛はなぜ起こる?その原因と上手な付き合い方

Thumb?1414295452 muah♪さん

2540

臨月に入ると誰もが体の節々に痛みを訴えると言います。痛みを訴える人はその後に必ず出産をしているのです。ですから、それと同じように臨月に入り腰痛になったというなら、あと少しで赤ちゃんが生まれるという証でもあります。出来ることなら腰痛を治したいというのも当然のことだと思います。ここでは腰痛の原因と治し方をご紹介したいと思います。

出典: instagram.com

  • 臨月期の体の節々の痛みは何が原因?

  • 臨月期の体の節々の痛みは何が原因?
  • 出典: instagram.com

  • 臨月に入ると誰もが体の節々に痛みを訴えると言います。
    詳しい原因は分かっていないのですが、それでも痛みを訴える人はその後に必ず出産をしているのです。
    ですから、それと同じように臨月に入り腰痛になったというなら、あと少しで赤ちゃんが生まれるという証でもあります。
    しかし、そうだと分かっていても腰痛ですから痛いものは痛いですよね。
    そして、出来ることなら腰痛を治したいというのも当然のことだと思います。
    ですから、ここでは腰痛の原因と治し方をご紹介したいと思います。
  • 腰痛の原因とは?

  • 腰痛の原因とは?
  • 先ほども言いましたが腰痛になる原因は詳しいことは分かっていません。
    しかし、一説をあげるとなると骨盤に関することが出てきます。
    というのも、臨月に入ったということは出産が間近ということです。
    そのため、赤ちゃんはお産のために頭を骨盤に嵌めます。
    その時に生じる負荷が腰痛となって現れてくるものが腰痛なのです。
    そう考えると仕方のない事のように思えますが、人によっては歩けいないほどの腰痛の場合もあります。
    そうなると流石に仕方がないとは言えませんよね。
  • 臨月期の腰痛との上手な付き合い方

  • 臨月期の腰痛との上手な付き合い方
  • 何度も言っていることですが、臨月に入っての腰痛とは避けられないものです。
    そのため、完全に腰痛を治すには出産を終えるしかありません。
    出産さえ終えてしまえば大体の腰痛は治ります。
    ですので、完全に腰痛を治す方法はありませんが、それでも関係のないところで腰に負担をかけている方法を排除することはできます。

    例えばクッションです。
    見ようによっては柔らかいクッションの方が気持ちよさそうに見えますし、腰痛にもいいように思えますがそれは違います。
    柔らかいクッションや布団はむしろ腰痛を悪化させてしまいます。
    なぜなら、柔らかいということはそれだけ腰に力を入れてしまうからです。
    ですから、柔らかいクッションや布団はあまり使わないようにしましょう。

    そして単純なことですが、立ち上がったりするときは自力でするのではなく、何か支えを使って立ち上がることをおすすめします。
    その理由は柔らかいクッション同様、腰に力を入れてしまうからです。
    それはつまり腰への負担になりますから、腰痛は治るどころか悪化してしまうでしょう。
    ですから、くれぐれも腰痛のときは自力で立ち上がらないようにしましょう。
    その他にも腰痛を和らげるコツとして腰を温めるというものもありますから、腰のあたりにカイロを貼るなどもおすすめできます。
臨月期の腰痛はなぜ起こる?その原因と上手な付き合い方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事