臨月の腰痛やお腹の張りはもうすぐ出産の証

臨月の腰痛やお腹の張りはもうすぐ出産の証

Thumb?1414295452 muah♪さん

142023

いよいよ出産が近づいてくる臨月の頃になると、お腹の張りや腰痛が強くなってくる事が多いです。
赤ちゃんがだんだん子宮の下に下がってくるためお腹の張りを感じやすくなります。
子宮の筋肉が頻繁に収縮するようになり、今まで以上に張りを感じる事が多くなります。
この張りは個人差がありますが、時間がたつにつれて頻度が多くなり痛みも強くなる場合があります。


  • お腹が張っている時は無理せず、お腹を締めないようにして横向きに

  • お腹が張っている時は無理せず、お腹を締めないようにして横向きに
  • 出典: www.pinterest.com

  • 陣痛の準備とも言われており、夜中目が醒めてしまう程の張りが起こる事もあります。
    これは前駆陣痛といい陣痛の一歩前の可能性が高く、特に初産婦の方に起こりやすいです。
    前駆陣痛は不規則な場合も多いですが、いつ入院となってもいいようにしっかりと入院準備をしておきます。
    お腹が張っている時は無理せずに過ごし、お腹を締めないようにして横向きに寝て安静にします。
    左側を下にすることによって血液の流れも滞らなくなります。

    妊婦さん専用の寝具もあるので、
    どうしても無意識に仰向けになってしまうという方にもおすすめですね。

    また、おしるしと呼ばれる出血や破水がないかも常にチェックしておきます。
    もしお腹の張りと痛みがおさまらない場合は陣痛がはじまっている可能性もあります。
    特に初めての場合は自分で解らない場合が多いので解らない場合は受診することをおすすめします。
  • 腰痛は妊娠中のよくある悩み

  • 腰痛は妊娠中のよくある悩み

    出典: www.pinterest.com

  • 受診することによって安心しリラックス出来、状況もわかるので不安な場合は相談します。
    腰痛の悩みもこの頃によく起こります。
    同じく赤ちゃんが下がってくる事が原因で、骨盤が押されて位置が変化する事で骨盤に負担がかかり腰痛となります。
    また、大きなお腹と赤ちゃんの重さを支えているので腰痛は妊娠中の悩みとして良く挙げられます。
    特に臨月となると腰痛と共に股関節の痛みも伴う場合が多いです。
    適度な運動も大事ですが、中には激痛になる方もいるのでその場合は無理せずに休みます。

    また、マッサージ等で血流を良くすることで軽減される事もあります。
    妊娠中は投薬に気をつけなければなりませんが、飲み薬だけでなく湿布薬や塗り薬も同様です。
    経皮から浸透する為に注意が必要です。

    なるべく、無添加のものを選ぶとよいでしょう。

    【おすすめマッサージオイル

    ●WELEDA(ヴェレダ)
    世界50カ国以上で愛されるWELEDA(ヴェレダ)。
    赤ちゃんやお子様を含め家族で使えるナチュラル・オーガニックブランドのパイオニア。



    ●< ピジョン > オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ
    日本を代表するベビー用品総合メーカー「ピジョン」。


    痛くて我慢するのが辛い場合は産婦人科の先生に相談し、休息をとり安静にしましょう。
  • 臨月期の腰痛におすすめのストレッチ

  • 臨月期の腰痛におすすめのストレッチ
  • つらい腰痛の軽減・対策におすすめのストレッチを紹介します。
    道具も遣わず、家で手軽にできるものばかりですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

    二人組みのストレッチ


    旦那さんに協力してもらってやってみましょう!
    1.二人が向かい合い、両足を肩幅くらいに開きます。
    2.お互いの手を両肩に置き、ゆっくり息を吐きながら前屈し、背筋を伸ばしていきます。
    3.1~2を2,3回繰り返します。
    椅子やテーブルなどを使うと一人でも行えます。

    猫のポーズ


    ヨガでは定番のポーズです。ご存知の方も多いのではないでしょうか?
    1.肩幅くらいに両膝をついて四つん這いになります。
    2.息を吐きながらおへそを見るように背中を丸めます。息は吐ききりましょう。
    3.息継ぎをして、また吐きながら背中を気持ちよい所まで反らします。
    4.1~3を2,3回繰り返します。

    腰をねじるストレッチ


    横になった姿勢で行えるので、気持ちもリラックスできそうです。
    1.仰向けに横になり、両膝を立てます。その際に足は揃え、両膝をくっつけるのがポイントです。
    2.両膝をくっつけたまま右側に膝を倒しましょう。無理に膝を床につける必要はなく、自分が気持ちいいと思うところまでで大丈夫です。両肩が床から離れないように注意しましょう。
    3.膝を倒した状態で5秒キープしましょう。左側(膝を倒しているのと逆側)の腰が痛みなく伸びているのが感じられればOKです。
    4.右側が終わったら左側に倒します。
    5.1~4を2,3回繰り返します。

    入浴後の身体が温まっている状態でストレッチを行えば、楽に伸ばす事ができてより効果的です。
    妊娠中の腰痛ストレッチは、無理せず気持ちよさを感じる程度に行うことが大事です。
    自分に合ったストレッチを探しながら腰痛対策をしていきましょう。
  • 出典: www.pinterest.com

  • 臨月のお腹の張りや腰痛は出産が近づいているというサインです
    前駆陣痛やおしるし、破水する場合もありますが、特に破水したらすぐに病院に行きます。
    どちらも痛くて辛い事もありますが、もうすぐ赤ちゃんに会えるという気持ちを大事に残り少ない妊娠期間をお腹の赤ちゃんと共に楽しんで過ごしましょうね。

臨月の腰痛やお腹の張りはもうすぐ出産の証
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事