石鹸で頭皮を洗った後はリンスで頭皮ケアを

石鹸で頭皮を洗った後はリンスで頭皮ケアを

Thumb?1414295452 muah♪さん

28

市販で売られているシャンプーが合わず、石鹸を使っている方は少なくありません。ですが、頭皮ケアのためには、石鹸だけではなくリンスの使用も不可欠です。その理由や、石鹸に合うリンスの選び方をご説明します。

  • 石鹸は洗浄力に優れる洗浄剤

  • 市販のシャンプーは、その多くが合成して作られているので、成分が肌に合わないことがあります。

    一般的な解決法は、肌刺激性の弱い製品を選んだり、使用量を減らして良く洗い流すことです。

    しかし、微量でも肌が反応してしまう人は、シャンプー自体の使用が難しく、頭皮ケアが困難になってしまいます。

    そのような時は、石鹸がシャンプーを代替する選択肢となり、肌の悩みが解決出来る可能性を高めます。

    ただ、石鹸は頭皮に残りやすく、アルカリが皮膚に影響する原因となるので、リンスを使い中和する必要があります。

    リンスケアさえ怠らなければ、シャンプーよりも刺激が少なく、それでいて十分に汚れが落とすことが出来ます。

    ポイントは、念入りに泡立ててから使うこと、マッサージしてから良く洗い流す、そして最後に酸性のリンスで中和する三つです。

    特にリンスは重要ですが、三点を押さえて頭皮ケアを行えば、本来の回復力が蘇ったり、炎症や痒みに悩まされることがなくなります。
  • 古い角質はアルカリで溶かして落とせます

  • フケや臭いの原因は、古くなって剥がれ落ちるはずの角質で、これが残り続けることにあります。

    皮脂や汗と混ざり合うと、自然に落ちることがなくなり、毛穴を詰まらせたり痒みを引き起こします。

    重要なのは、汚れたら洗う日々のケアで、頭皮に優しく刺激の少ない方法で綺麗にすることです。

    純粋な成分で作られた石鹸は、水に溶かすとアルカリ性を示し、古くなった角質を溶かす効果を発揮します。

    使用後に、リンスでアルカリから中性を経て、弱酸性に戻す手間はあるものの、その点を気を付ければ大丈夫です。

    基本的な使用方法は、髪を含めて頭部を十分に湿らせ、手の平で石鹸を泡立ててから洗います。

    最初に良く泡立てておけば、溶け残りが残留することはなく、髪が軋んだり手触りが悪くなる結果も避けられます。

    リンスで中和すると、これらの悩みは大幅に解決しますから、頭のトラブルを解決する方法として、新しい洗髪を検討することがおすすめです。
  • 複数の欠点はリンス一つで解決

  • 多くのシャンプーには、無香料と表記されていない限り、無条件に香料が含まれています。

    香り付けは賛否両論ありますが、時間が経つと臭い始めたり、生臭さが生じることもあるので、最低限の香りは必要と考えられます。

    純石鹸は、一般的に香料が含まれていないので、匂いのなさが避けられたり、使用を断念する切っ掛けとなります。

    ただ、香りを含むリンスを使用すると、洗髪後の香りの問題は解決しますし、軋みや手触りも改善するので安心です。

    新しい洗髪を試す際に、大切なのはリンスを使い欠点を解消したり、最終工程に加えてケアを完了することです。

    リンスの働きは、バランスが崩れた皮膚の水素イオン指数を元に戻し、トラブルの発生を防ぐ点が挙げられます。

    次に、配合成分が髪に浸透することで、手触りが大分良くなり、洗い上がりのすっきり感が実現します。

    最後は爽やかな香りを付けによって、臭いの問題が解消し、シャンプーで発生しがちな複数の悩みも解決します。
  • リンスは選び方が使用感を左右します

  • リンスは、製品の名称に表記されていれば何でも良い、というわけではないといえます。

    製品に求められるのは、アルカリに傾いた頭皮を中性に戻したり、新たなトラブルの種にならず、複数の問題を解決することです。

    添加物の多い製品は、洗い流しても皮膚に残ってしまったり、浸透力によって痒み等を残すケースがあります。

    成分を腐らせず、長持ちさせる点は重要ですが、添加物が多過ぎるのは考えものです。

    素材の純度が高く、製造工程が厳格に管理されている場合は、防腐剤を膨大に入れなくても長持ちします。

    勿論、開封後の使い方であったり、保管方法も製品の寿命に影響しますが、大抵は保存容器に守られるので安全です。

    リンスの基本的な品質が良く、配合成分のバランスが優れている物を選ぶと、今までになかった感覚を使用後に覚えることが出来ます。

    指通りは滑らかなのに自然で、翌日になっても臭うことがなく、痒みや不快感の発生頻度も大幅に減少します。
  • 良い製品の価値を引き出すのは使い方次第

  • 良質な製品を選び、使い始めて感じている良さも、実は本領が発揮されていない余地を秘めています。

    リンスの付け過ぎは、毛穴を塞いでしまったり、ベタツキを残す原因となります。

    多くの場合は、念入りに洗い流すことで解決しますが、有効な成分も落ちてしまうことが難点です。

    正しい使い方は、ごく少量を手の平に取り、薄く伸ばして髪全体に広げるやり方です。

    当然ながら、石鹸の泡が髪に残っておらず、毛穴に石鹸カスが残留していないのも大切です。

    この時、頭皮に塗ったりマッサージすることはせず、あくまでも髪に揉み込み、最後に軽く洗い流すのが理想的です。

    皮膚や毛穴のアルカリ状態は、髪から流れた成分で中和されますから、積極的に付着させたり、擦り落とさなくても問題ありません。

    最終ケアのコツは、シャンプーしてから髪の水分を拭き取り、軽く乾かした段階で浸透させる点にあります。

    濡れていても少しずつ浸透しますが、油分が弾かれてしまったり、成分の行き渡りに時間が掛かるので、タオルドライをしてからの方が効率的です。
石鹸で頭皮を洗った後はリンスで頭皮ケアを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事