あなたは大丈夫?老後破産しないために今からできること

あなたは大丈夫?老後破産しないために今からできること

Thumb?1414295452 山中としこさん

417

定年後いったいお金がいくら必要なのでしょう?
年金と今の貯金で足りるのでしょうか。
老後のどのようにお金のこと、どのように考えていったらいいのでしょうか?
老後破産にならないために、まず何からはじめたらいいのでしょうか?


  • 老後の生活費は夫婦ふたりで22万円?

  • 老後の生活費は夫婦ふたりで22万円?
  • 老後のお金はいくらあったらいいのでしょうか?
    夫婦二人で最低必要な生活費として、月額約22万円。
    ゆとりのある生活の為には月額約36万円というデータがあります。

    でもこれはあくまでも平均的な金額です。
    平均の金額はあくまでも平均なので、自分が必要な生活費はそれぞれ違いますよね。
  • 「お金の予定表」は老後破産にならないための第1ステップ。

  • 「お金の予定表」は老後破産にならないための第1ステップ。
  • では実際に自分の老後にいくらお金が必要か考えてみましょう。
    あなたは定年・老後は、どのような生活をしたいですか?
    習い事や旅行など、やりたいことは何ですか?
    お子様やお孫さん達には、してあげたいことはありますか?
    今後、たとえば、住宅のリフォームやお子様への援助など、
    大きなお金が必要なことってありますか?

    では、考えているだけでは漠然としていますので、
    具体的に書き出してみましょう。

    将来のお金を考えるときにわかりやすいのが「お金の予定表」です。
    この「お金の予定表」を使って老後のお金(収入と支出)について
    考えていきましょう。

    まず横長の紙を用意して、(ノートを見開きにしてもいいですね)
    年表のように2016年、2017年・・・と年数を書き、
    その下に、家族の名前と年齢を書いてください。

    20××年… 何歳まで書いたらいいの?

    平均寿命が今、男性80.5歳、女性が86.83歳なので
    100歳まで書いておくといいと思います。

    え~そんなに長生きしない。

    いえいえ、何歳迄生きるかわかりません。
    もし85歳までしか考えていなかったら、
    それ以上長生きしたとき心配になりますから。

    実際、私がご相談を受けている方々は
    みなさん80歳過ぎてもお元気です。

    長生きしても安心した生活ができるように
    100歳まで考えておきましょう。
    (もっと長生きしそうだと思う方はそれ以上!)


    では「お金の年表」の下準備ができたら
    実際に記入していきましょう。
  • 100歳までの収入っていくら?

  • 100歳までの収入っていくら?
  • まず収入から、
    一般的に収入の基本になるのが年金ですね。
    65歳で満額もらう前、
    一部の年金が支給される場合
    何歳からいくら支給されますか?

    65歳からの公的年金、他に企業年金などはありますか?

    退職金を一時金で受取る場合は金融資産に入れ、
    年金で受取る場合は何歳まで毎年いくらか記入してください。

    それから民間の保険会社の年金保険に入っている方は
    受取り開始の年齢と金額も入れてください。

    他に不動産収入や投資信託の分配金や株の配当金も記入してください。
  • 理想の老後の生活にはいくら必要?

  • 理想の老後の生活にはいくら必要?
  • 次に支出。
    まず基本の生活費です。
    今 毎月生活費はいくらかかっていますか?
    毎月の生活費を12倍した年間の生活費を記入。

    もし今 生活費がいくらかかっているか
    よくわからないようでしたら
    まず毎月生活費がどのくらいかかっているかを
    ぜひ把握してください。
    めんどうな方は、まずおおよそでもいいので記入して、
    あとで確認して、自分が思っている金額と
    実際かかっている金額が同じぐらいか調べてみてください。


    次に、生活費以外でいついくらお金が必要か
    すべて書き出してみましょう。
    旅行やリフォームやその他かかる金額を、
    「いつ」「いくら」必要ですか?
    必要な年のところに書いてください。

    旅行・趣味・習い事・リフォームetc…

    そんなこといってもどうせお金が足りないから、やりたいこと全部なんて書いても意味ない。
    そう思うかもしれませんが、まず書き出してみてください。
  • 「ない」「足りない」から「やりたい事」ができない?

  • 「ない」「足りない」から「やりたい事」ができない?
  • ただ漠然と考えて「足りなさそうだから」「無理そうだから」と「生活に必要なこと」だけを優先してあきらめてしまうのは残念ではないですか?

    これからの自分の人生、「やりたいこと」「自分にとって必要なこと」が何もできずに終わってしまうのは、寂しいと思いませんか?

    もちろん、老後破産しないために、お金をセーブする必要があるかもしれません。
    でも、「何にお金をどう使うか」しっかり考えて、使うお金の優先順位をつけて、ひとつでも多く、自分の「やりたいこと」「自分にとって必要なこと」にお金を使いたいと思いませんか?

    まず、できるかできないかで判断せず、
    自分の「やりたいこと」「自分にとって必要なこと」も「お金の予定表」に入れてみてください。
  • 「お金の予定表」で予算をたてる

  • 「お金の予定表」で予算をたてる
  • 私は「老後のお金の相談」を受けるとき
    まずこの「お金の予定表」をホワイトボードに書きます。

    ○年後、自分は○才、子供は?

    自分の年齢だけでなく
    何年後に長男が何歳になるかと「お金の予定表」に書いてみると、
    「長男も50才か…」とか「孫も20歳になるのか…」と
    と、子供のことだけではなく
    孫が大学に入ったり20歳になった時お祝いをあげたい。
    など、いろいろな気付きがあったり、発見できることがあります。

    親として、子供や孫に「やってあげたい事」はそれぞれあると思います。
    「お金の予定表」には、そうしたことも入れると
    より詳しい内容になっていきます。


    ご相談者と一緒に「お金の予定表」に記入していくと、
    皆さん「頭を整理されてきた」とおっしゃいます。

    そして、「お金の予定表」は「お金の予算表」にもなるのです。
    あなたの将来、老後資金の準備をするために、まず「お金の予定表」を作ってみましょう。
あなたは大丈夫?老後破産しないために今からできること
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
山中としこさん

山中としこさん

大人なら誰もが気になるお金とくらしについて、情報を発信。特に女性が抱えやすい悩みを解消すべく活動するファイナンシャルプランナー。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事