要らなくなった物はすぐに捨てずに再利用

要らなくなった物はすぐに捨てずに再利用

Thumb?1414295452 muah♪さん

689

・古着や布類は雑巾として活用
靴下、インナー、パジャマなど、柔らかく断ち切りやすい布類は雑巾として利用できます。
コートやジャケットや革は、細かく切るのは困難であり、水を吸い取りにくく雑巾としては活用できません。
要らなくなった布類を雑巾として活用できるかどうか、判断しましょう。
染みがついた、擦り切れた、色あせた、伸びてしまった、そんな洋服でも断ち切りバサミで細かく切れば、小さな雑巾として大活躍するのです。
大きさはマッチ箱程度。
細かく切った布類を箱などに入れておき、ふと部屋の汚れが気になった時や、料理の後のフライパンの油を拭き取りたい時に、ささっと拭いてそのまま捨てられます。
ティッシュを使うと大げさだし環境に悪そう、雑巾を持ち出すのは面倒だし拭いた後に洗うのが面倒と思ってしまいがちですが、既に使用済みである要らなくなった布類ですから、気軽に拭いてそのまま捨てられ、非常に便利なのです。
これがあれば掃除もはかどりますよ。


  • ・高価な物はインターネットオークションに出してみる
    ゲーム、画集、雑貨、ブランド物、アクセサリーなど、需要のありそうな品物はインターネットオークションに出してみてはいかが。
    最近はとても気軽に出品できます。
    不要になった品物を撮影し、情報を記入してアップするだけでオークションが開始されます。
    落札者がおれば、お金のやり取りをして品物を梱包して送るだけ。
    明らかに売れないであろう、汚れが激しい品、マイナーな品、使用済みがネックとなるピアスなどは出品を控え、これならば売れるだろうと思える品がお勧め。
    売れない物を出品しても時間の無駄になってしまうので、なるべく他人が落札してくれそうな品だけを出しましょう。
    古本屋や、リサイクルショップへの持ち込みもいいですね。

  • ・身近に必要としている人はいないか
    自分からすると不要と感じられる品でも、他人からすると必要な物かもしれません。
    捨てる前に職場の人、友人、知り合いに、これがいらないのだけれど、貰ってくれないだろうかと気軽に話してみましょう。
    古着やアクセサリーはいくら持っていても困らない、貰えるならば貰いたいと希望する人は多いですよ。
    収入の少ない人物ですと、喜んで受け取ってくれるケースが多数。
    明らかなるゴミを他人に押し付けてはいけませんが、新品同様、流行遅れではない、人気のある品ならば他人に受け取ってもらいましょう。

    ・本当にいらないの?いつか使えない?
    包装に使われていたビニール袋、穴が空いた靴、数年前の雑誌、など誰がどうみても不要な品ならばともかく、まだ利用できる物を捨てようとしていませんか。
    もしかしたら、いつか必要となる日が来るかもしれません。
    ゴミを捨てるのは良い習慣ですが、少しでも不要になったからといってどんどん捨てていては資源とお金の無駄になります。
    物を最後まで使う癖を身に着けると、エコにもなりますし、節約にもなります。
    ぽいぽい捨てる前に、品物の価値を一考してみては。
要らなくなった物はすぐに捨てずに再利用
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事