産後の腰痛にはガードルがおすすめ

産後の腰痛にはガードルがおすすめ

Thumb?1414295452 muah♪さん

1456

産後は出産時に骨盤が開いた状態をそのまま維持しているため、腰痛に襲われることも少なくありません。また、骨盤が開いていることによって血行が悪くなり、太ももやお尻などにむくみが出やすくなったり、血行が悪くなって冷え症が加速するなどのトラブルも良く見られます。そのため、産後にはガードルを使用することで骨盤を本来の状態に近づけると共に、不安定で痛みがちな腰周りをしっかりサポートして痛みを和らげます。


  • 出典: instagram.com

  • とはいえ、どのようなガードルを利用しても良いというものではありません。産後にはあまりお腹を締め付けすぎるものはかえって体に負担をかけることがありますし、骨盤がゆがんだままで固定してしまう可能性もあります。元々、妊娠中には骨盤を開きやすく、靭帯を伸びやすくする作用のあるホルモンを分泌している上、赤ちゃんの重みで通常とは異なるゆがみが生じます。さらに、出産後は骨盤や周囲の骨関節は伸びきってぐらぐらの状態になってしまいますので、これを放置したり間違えた矯正器具を使用すると、骨盤がゆがんだままになって元に戻りづらくなります。
  • 出典: instagram.com

  • 産後は赤ちゃんを抱っこしたり、授乳などで普段とは違う姿勢を続けることが多いため、健康状態が元に戻っても腰痛だけは直らないというケースが少なくありません。できれば産前から犬帯や骨盤ベルトなど妊娠中のためのサポート器具を使用することで症状を軽減しておくに超したことはありませんが、妊娠中は腰痛の痛みなのか出産前後の陣痛なのかが分かりにくいこともあり、ケアを怠りがちです。出産したらしたで子育てが忙しく、自分の事は後回しにしてしまう人も少なくありません。
    そのため、つけるだけで腰痛の改善効果があるガードルは非常に便利で、毎日着用しているだけで骨盤の状態が安定しますし、子育ての負担もありません。骨盤を引き締める効果のあるものもたくさんあり、産後ダイエットとしてもおすすめです。
  • 出典: instagram.com

  • 腰痛対策の商品はたくさん出ていますが、骨盤ベルトはつけるのに手間がかかったり、姿勢によっては痛みを感じることがあります。また、ウエストニッパーはつけているとずれることがありますし、腰周りにはそれほど大きな効果は期待できません。そのため、気軽に身につけることができて骨盤矯正機能も期待できるガードルが一番便利です。体に負荷をかけずに子育てを楽しむためにも、出産前から自分にあったものを早めに探しておくことをお勧めします。

産後の腰痛にはガードルがおすすめ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事