サンオイルで日焼けした後のアフターケア

サンオイルで日焼けした後のアフターケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

354

健康的な小麦色の肌を手に入れたいときには肌を保護してくれるサンオイルを塗って日光浴をするのが定番ですが、サンオイルで肌を保護しても紫外線を浴びることは肌に負担をかける行為なので、肌を焼いた後にアフターケアを徹底することで肌トラブルを起こりにくくしてキレイな小麦色の肌をつくることは可能です。


  • 肌トラブルを起こさない為に

  • 肌トラブルを起こさない為に
  • 健康的な小麦色の肌を手に入れたいときには肌を保護してくれるサンオイルを塗って日光浴をするのが定番ですが、肌に長時間太陽光を浴びると、紫外線の影響で肌の細胞がダメージを受けて敏感な状態になるため、皮膚の炎症や腫れなどの肌トラブルが起こりやすくなります。
    サンオイルで肌を保護しても紫外線を浴びることは肌に負担をかける行為なので、肌トラブルのリスクを完全にゼロにすることはできませんが、サンオイルを使って肌を焼いた後にアフターケアを徹底することで肌トラブルを起こりにくくしてキレイな小麦色の肌をつくることは可能です。
  • 保湿で肌バリア

  • 保湿で肌バリア
  • まず、強い太陽光を浴びた後の皮膚はその熱エネルギーを吸収しているため、熱を帯びて火照った状態になります。
    このとき、皮膚は軽度の炎症が生じて敏感な状態になっているので、浴槽のお湯に浸かったり、熱いシャワーを浴びたりして血流を活発にすると、炎症が悪化して皮膚が腫れやすくなります。
    こうしたトラブルを回避するためには、熱を帯びた肌を素早く冷やしてクールダウンさせるのが効果的です。
    熱を帯びた肌を素早く冷却するには冷たいシャワーを短時間浴びるのが有効ですが、冷たすぎるシャワーを浴びると急激に血管が収縮して心臓に過度な負担がかかった結果として心臓発作が誘発される場合もあるので、高血圧の方や心臓に持病がある方、高齢者などは体温より少し低い30度程度に温度設定したシャワーをゆっくり浴びるのがお勧めです。
    一方、長時間太陽光を浴びていると肌の水分が失われてしまうため、そのまま放置しておくと肌の潤いが失われてカサカサになり、ひどい場合には皮膚表面の角質が剥がれ落ちて粉を吹いたようになってしまいます。
    また、肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が失われて肌トラブルが起こりやすくなったり、肌のハリが失われてしわやたるみが生じやすくなったりするので、しっかりと肌に潤いを与えて保湿することが大切です。
  • 天然成分が有効

  • 天然成分が有効

    出典: instagram.com

  • 肌の保湿には保湿成分がたっぷり配合された保湿クリームやジェルが有効ですが、日焼けによる皮膚の炎症にはアロエやカモミール、ラベンダーなどの消炎作用のある天然成分が有効なので、こうした成分が配合された製品を利用してしっかりとアフターケアをすることをお勧めします。
    このように、日焼け後の肌トラブルのリスクを軽減してキレイな小麦色の肌を手に入れやすくするには、サンオイルを使って肌を保護するとともに、日焼けした肌のアフターケアを徹底することが効果的です。
    なお、最近ではアロエベラやシアバター、ももの葉などの天然保湿成分を配合して保湿効果をプラスしたローションタイプのサンオイルも販売されているので、肌の乾燥が心配な方はこうしたサンオイルを使ってみましょう。
サンオイルで日焼けした後のアフターケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事