サンオイルの効果と使い方

サンオイルの効果と使い方

Thumb?1414295452 muah♪さん

457

サンオイルは紫外線の影響を最小限に抑えることができ、キレイにムラがない褐色の肌を作ることが出来ます。何も塗らずに日焼けをしてしまうと肌にダメージを与えて皮が剥けたりしますが、サンオイルを塗ればそれも防いでくれます。一度に長時間一気に焼くのではなく、段階的に日焼けをすることが大切です。


  • 一気に焼かない

  • 一気に焼かない
  • サンオイルは紫外線の影響を最小限に抑えることができ、キレイにムラがない褐色の肌を作ることが出来ます。日焼けした後は褐色の肌が長持ちしますし、不必要な紫外線からも肌を守ってくれるなどの効果があります。何も塗らずに日焼けをしてしまうと肌にダメージを与えて皮が剥けたりしますが、サンオイルを塗ればそれも防いでくれます。サンオイルを選ぶときにはどのくらい焼きたいのか、どのような効果があるのかを知ってから選ぶようにします。すぐに焼きたいからといってSPF0のものを選んでしまうといきなり紫外線が肌に当たるので、少しだけ紫外線をカットしてくれるものを選びます。一度に長時間一気に焼くのではなく、段階的に日焼けをすることが大切です。
  • 自分に合った焼き方

  • 自分に合った焼き方

    出典: instagram.com

  • 使い方は全く日焼けをしていない肌から焼き始める場合は、まず紫外線を防止する日焼け止めクリームを塗ってから日焼けをします。日焼け止めクリームを全身にまんべんなく塗って、紫外線をカットしながら焼くようにします。これは直接大量の紫外線を浴びないようにすることと、肌の負担を減らすためです。ある程度日焼けをするまで、日焼け止めクリームを塗ってから焼くようにします。本格的に焼く前には、下焼きをしておくこともポイントです。海などの日差しが強い場所でいきなり焼いてしまうと肌のダメージを与えるので、日差しが弱い場所であらかじめ焼くようにします。サンオイルの使い方はまんべんなく塗って、ムラを無くすことです。汗をかいたり水などがかかってしまうと落ちてしまうことがあるので、こまめに塗り直します。海水浴場やプールなどは場所によって使用を禁止している場合があるので、調べてから使うようにします。日焼けをする時間は3時間程度に抑えて、1時間が経過したら日陰で休むようにします。日差しが強い午前10時から午後2時の間に日焼けをするのなら、15分に抑えるようにします。この時間帯は紫外線の量も多いので、長時間炎天下の下に留まるのは危険なので注意が必要です。
  • 日焼け後は保湿が大事

  • 日焼け後は保湿が大事
  • 日焼けをした後はオイルを塗っているとはいえ、とてもデリケートになっています。水で濡らしたタオルなどで火照った肌を冷やして、休憩させることが大切です。肌を一度にクールダウンさせるためなら、水風呂も効果的です。サンオイルは水では落ちないものもあるので、石鹸やクレンジングクリームなどで丁寧に洗い流します。サンオイルが肌に残っているとトラブルの元になるので、注意します。洗い流した後は化粧水などで十分に保湿をして、乾燥を防ぐことが大切です。乳液などを重ねて塗っておけば、乾燥をさらに防いでくれます。日焼け後は乾燥しやすくシワになりやすいので、保湿をしっかり行うようにします。
サンオイルの効果と使い方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事