サンオイルで効果的な日焼け時間

サンオイルで効果的な日焼け時間

Thumb?1414295452 muah♪さん

351

海やプールに行く機会も多い夏は、日焼けをしないように常に日差しを気にする人もいれば、日焼けした肌が好きという人もいます。無茶な焼き方をしてしまうと、肌は火傷をしてしまいかなりの負担が掛かってしまいますので、一度に長時間焼かずに、段階的に焼いていくことがムラのない綺麗な褐色肌に近付くポイントです。


  • 一気に焼くのは火傷の原因

  • 一気に焼くのは火傷の原因
  • 海やプールに行く機会も多い夏は、日焼けをしないように常に日差しを気にする人もいれば、日焼けした肌が好きという人もいます。好んで日焼けをするのであれば、肌に負担を掛けない日焼けの方法で綺麗な褐色ボディーを目指しましょう。
    日焼けをして早く肌の色を濃く変化させたい人で、いきなりサンオイルを塗って一日中日差しの下で過ごすなんていう人はいませんか。このような無茶な焼き方をしてしまうと、肌は火傷をしてしまいかなりの負担が掛かってしまいます。
    一度に長時間焼かずに、段階的に焼いていくことが、ムラのない綺麗な褐色肌に近付くポイントです。
  • 1日3時間まで

  • 1日3時間まで
  • 焼きはじめは、日光に当たる時間を短めにして、10時〜15時までの日差しが強い時間をさけます。綺麗に効果的に焼くには、一日の日焼け時間の目安を、3時間以内にしておくといいでしょう。
    日焼け前には、必ずサンケアをして、素焼きにならないようにします。最初は、皮膚が弱い人や皮膚の負担を最小限に抑えるために、日焼け止めクリームを塗って日焼けをはじめるといいです。皮膚に紫外線による負担を掛けないために、予防をしながら焼くことが大切です。ある程度日焼けをした肌には、サンオイルを塗って大丈夫です。サンオイルには、サンバーンという肌のやけど状態を防ぐ成分が入っているので綺麗に効果的に焼くことが可能です。ですが、顔や肩、首の後ろなど焼けやすいところには、日焼け止めの方を塗って調節をした方が肌への負担が少なくなります。海やプールに入った後やタオルを使った後は、こまめに塗り直しをすることが重要です。
  • クールダウンとケア

  • クールダウンとケア
  • そして、大切なのは日焼け後のクールダウンとケアです。シャワーで冷水を浴びて、火照った体をしっかりクールダウンさせましょう。日焼けは言いかえれば肌の火傷です。ですから、冷却して肌を落ち着かせることがとても大切なのです。そして、たくさんの日光を浴びた後の肌はとても乾燥しやすいです。刺激の少ない化粧水をたっぷり使用して、肌に水分補給をしましょう。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、色素沈着を予防するビタミンをとるのも、綺麗な日焼けを実現させるためには効果的です。日焼けをした夜は早めに寝て睡眠を十分とると、肌の新陳代謝を正常に機能させることを心掛けましょう。日焼けを楽しむには、正しい知識を持って身体に無理をさせないように行ってください。夏が似合う綺麗な褐色ボディーになるといいですね。
サンオイルで効果的な日焼け時間
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事