サンオイルに入っている成分とSPF

サンオイルに入っている成分とSPF

Thumb?1414295452 muah♪さん

859

サンオイルのことを、日焼け止めと勘違いしている人もいるかもしれません。全密に言うと、それも間違ってはいません。お肌を日焼けさせたいというひとは、とにかく太陽の紫外線にお肌をさらせばよいと思っているかもしれませんが、それでは、お肌にあまりにもダメージが大きすぎてしまいます。サンオイルを利用して、一部の紫外線だけを透過させることで、きれいにそして安全に日焼けをすることが大切です。


  • サンオイルは日焼け止めなの?

  • サンオイルは日焼け止めなの?
  • サンオイルのことを、日焼け止めと勘違いしている人もいるかもしれません。全密に言うと、それも間違ってはいません。なぜなら、サンオイルの成分を大雑把にいえば、日焼け止めの成分とオイルとで構成されているからです。しかし、夏場にシミやシワ、そばかすを作りたくないひとが、紫外線対策をするために使用するものではありません。お肌を日焼けさせたいというひとが、有害な紫外線をカットしつつおだやかにそしてまんべんなくお肌を日焼けさせていくことができるようにするためのオイルです。
  • オイルで安全に日焼けする

  • オイルで安全に日焼けする

    出典: instagram.com

  • お肌を日焼けさせたいという人は、とにかく太陽の紫外線にお肌をさらせばよいと思っているかもしれませんが、それでは、お肌にあまりにもダメージが大きすぎてしまいます。
    お肌に影響を与える光線としては、UVAとUVBとがありますが、紫外線を浴びてしまうとお肌が真っ赤になってしまうといった経験をしたことがあるひともいるでしょう。それは、UVBのしわざです。いくらお肌を日焼けさせたいひとであっても、日焼けにつきものの、お肌が赤くなりヒリヒリしてしまったり皮がめくれてしまうのはなるべく避けたいはずです。UVBによるお肌のダメージをおさえつつ日焼けをするためにも、サンオイルをえらぶときに、SPFの数値が明記されている商品をえらぶようにしましょう。サンオイルのなかには、まったく日焼け止めの効果のないSPFゼロのものもありますが、それよりも少しのSPF値があるものを選んだほうが、有害な紫外線をカットしつつ安全にお肌を日焼けさせることができます。
  • 皮膚ガンにも

  • 皮膚ガンにも

    出典: instagram.com

  • お肌に紫外線をあびると、どんどんお肌から水分が蒸発してしまって乾燥しすぎたり、赤くなってしまったりするだけではなく、大量の紫外線をあびてしまうとメラニンが過剰につくられ、悪質な腫瘍となり、皮膚がんとなってしまう可能性もあります。事実、日焼けの習慣がある欧米の国では、小さいころから帽子や日焼け止めで紫外線を防ぐことが推奨されていますし、皮膚を焼くときにはサンオイルを塗ることが一般的となっています。皮膚だけではなく、紫外線は目にもダメージも与えてしまうため、サングラスをかけるひとも多いです。
    紫外線には、免疫力を強化してくれるビタミンを増やしてくれるような効果もありますが、やはり積極的に大量に浴びるのは避けたいものです。サンオイルを利用して、一部の紫外線だけを透過させることで、きれいにそして安全に日焼けをすることがたいせつです。
サンオイルに入っている成分とSPF
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事