正しく知る、サンオイルとSPFと肌の関係

正しく知る、サンオイルとSPFと肌の関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

344

美しい小麦色の肌を手に入れるためには、まず日焼けについてきちんと理解し、正しい手順で肌を焼いていくことが大切です。光には波長があり、これらの色は波長順に虹のように並んでいて、右端は赤、左端は紫で、2つの光の外側は人の目には見えないので、それぞれ赤外線、紫外線と呼ばれています。


  • ポイントは正しい手順にあり

  • ポイントは正しい手順にあり
  • 美しい小麦色の肌を手に入れるためには、まず日焼けについてきちんと理解し、正しい手順で肌を焼いていくことが大切です。太陽の光は、様々な色をした光線から成り立っています。逆光の写真などに写り込んでいる赤や青などの光彩の中に、それらの色を見ることができます。光には波長があり、これらの色は波長順に虹のように並んでいて、右端は赤、左端は紫で、2つの光の外側は人の目には見えないので、それぞれ赤外線、紫外線と呼ばれています。
    この紫の光の外にある目に見えない光線・紫外線にはUVA・UVB・UVCがありますが、UVCは波長が短いので大気圏まででほとんどなくなってしまい、地上には届きません。
  • UVA・UVB・UVC

  • UVA・UVB・UVC

    出典: instagram.com

  • UVCの次に波長の短いUVBは、やはり大気圏を通る間に少なくなり、人間に降り注ぐときにはわずか0.5%まで減っています。UVBには体内にビタミンDを合成する作用もあります。賃貸住宅でも周囲に迷惑をかけないことや実は意外とかわいいことで、近年女性の間でもじわじわと人気が高まっている爬虫類のペットなどは、このUVBによるビタミンDの合成が表皮を脱皮させるために不可欠です。
    しかしUVBは熱いものに触れたときに起きる火傷と同じ負担を皮膚にもたらします(サンバーン)。肌の弱い人が日焼けすると肌が赤くなり、火ぶくれを起して痛むのは主にUVBによるもので、皮膚がんの原因にもなっています。
    最も波長の長いUVAは季節や時間を問わず5.6%が大気圏を通って届き、肌のたんぱく質を変化させて短時間かつ持続的に褐色にします(サンタン)。
  • SPFはUVBを防ぐ

  • SPFはUVBを防ぐ

    出典: instagram.com

  • サンオイルや日焼け止めに表示されているSPFはこのUVBによるサンバーンを防ぐ効果を表す数値です。SPF値が高ければ高いほど、何も塗っていない状態と比べてUVBを防ぐ効果が大きくなりますが、この効果は汗をかいたり何かに触れたり、また紫外線を浴びれば浴びるほど劣化していくため、数値が高い=長時間防げるということにはなりません。このためしっかり日焼けしたければ、サンオイルをある程度こまめに塗ることが大切です。
    また、いきなり長時間海辺などで強い紫外線に晒されると、いくらサンオイルでUVBを防いでも、皮膚にダメージを与え老化の原因になります。女性は化粧下地や化粧品に日焼け止めが配合されている場合が多いので、まずその表示を確認します。PA値がUVAを防いでいるので、サンオイルを使用して本格的に日焼けする前に、週末などにPA値の低い日焼け止めなどに変えて皮膚を馴らしておくことも、きれいに日焼けするための大事な下準備になります。
正しく知る、サンオイルとSPFと肌の関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

SPF
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事