サンオイルに書かれている”SPF”の意味

サンオイルに書かれている”SPF”の意味

Thumb?1414295452 muah♪さん

358

肌をきれいに焼くために使用するサンオイルの多くには「SPF」という文字が記載されています。SPFにはしっかりとした意味があるのです。自分がどのように日焼けをしたいのかということを考えつつ、SPFの数値などを見てどれを使うのが良いかということを判断するのが大切なのです。


  • しっかり意味がある

  • しっかり意味がある
  • 肌をきれいに焼くために使用するサンオイルの多くには「SPF」という文字が記載されています。
    この文字は日焼け止めなどでも目にすることが多いのですが、ほとんどの人は「高ければ高いほど日に焼けづらい」というように認識をしているのではないでしょうか?
    確かにその通りではあるのですが、実際のSPFにはしっかりとした意味があるのです。
  • 紫外線防御指数

  • 紫外線防御指数

    出典: instagram.com

  • ではSPFの意味とは何かというと、これは「Sun Protection Factor」の略語です。
    日本語に訳すると「紫外線防御指数」ということになりますから、要するにどれくらい紫外線をシャットアウトしてくれるのかということになります。
    この数値は1あたり20分間の効果を持続するということになりますから、数値が10なのであれば200分間=3時間20分、50なのであれば1000分間=16時間40分の間、紫外線をシャットアウトしてくれるということになります。つまりこの数値が高いということは「効果の持続時間が長い」ということであり、「日に焼けづらくなる」というのとはまた別の意味になってくるのです。と言っても、長時間効果が持続するということは長時間紫外線をシャットアウトするということになりますから、全く意味が違うというわけでもありません。
  • シミのない小麦肌

  • シミのない小麦肌

    出典: instagram.com

  • ではサンオイルを選ぶにあたってSPFはどのように評価すれば良いのかというと、これは皮膚への負担を簡単に判断することができます。
    0と記載されているのであればそのサンオイルは紫外線をシャットアウトすることは無く、2と記載されているのであれば40分間紫外線をシャットアウトします。つまり0のサンオイルを塗っても紫外線を防ぐ効果はありませんから、早く日焼けするものの皮膚への負担は大きくなると考えられるのです。一見すると「じゃあ0のものは買う意味が無いじゃないか」というようにも見えますが、それは間違いです。
    サンオイルの役割は紫外線をシャットアウトすることよりも、シミを作らずに綺麗な肌を保って日焼けすることにあります。そのためにオイルのなかには様々なビタミンや保湿成分が入っているのであり、オイルを塗って焼くのと塗らずに焼くのでは大きな違いがあります。むしろ綺麗に日焼けしたいのであればサンオイルの効果は非常に大きな物となりますから、自分がどのように日焼けをしたいのかということを考えつつ、SPFの数値などを見てどれを使うのが良いかということを判断するのが大切なのです。
サンオイルに書かれている”SPF”の意味
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

SPF
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事