サンオイルに書いてあるSPFの数値の意味

サンオイルに書いてあるSPFの数値の意味

Thumb?1414295452 muah♪さん

355

真夏のレジャーに紫外線は付きものです。美白を守りたい人にとっては、油断大敵な時期となりますね。日焼けをしてもいい人でも、紫外線からはしっかりと肌を守らなくてはいけません。正しい知識を持って、綺麗に日焼けをして夏を楽しみましょう。


  • 知っておきたい違い

  • 知っておきたい違い
  • 真夏のレジャーに紫外線は付きものです。美白を守りたい人にとっては、油断大敵な時期となりますね。中には進んで日焼けをして、綺麗な小麦色のボディーを目指しているという人もいることでしょう。しかし、日焼けをしてもいいからといって、何もケアをしないで素焼き状態でいると、肌はどんどん傷ついていってしまいます。日焼けをしてもいい人でも、紫外線からはしっかりと肌を守らなくてはいけません。
    まず、知っておきたいのは日焼け止めクリームとサンオイルの違いです。紫外線は、皮膚を赤くし炎症させて、細胞を傷つけながら皮膚の老化を早めていきます。老化を促進させている紫外線が降り注ぐ炎天下は、それだけ危険だということです。紫外線にはA波とB波があって、A波はシミ・そばかす・たるみなどの老化現象を引き起こし、B波は炎症や火傷の肌トラブルを引き起こすだけでなく、皮膚がんになってしまうかもしれないリスクももっているのです。
  • 低リスクで日焼けを楽しむ

  • 低リスクで日焼けを楽しむ

    出典: instagram.com

  • 日焼けのリスクはわかったところで、やはり肌を焼いて日焼けを楽しみたい人もいますよね。そのような人に必須なのが、サンオイルなのです。サンオイルは、紫外線B波をブロックしてくれる成分が入っています。つまり、炎症や火傷、皮膚がんのリスクを減らしてくれます。でも、紫外線A波はブロックをしないので、皮膚を守りながら色を黒くしてくれるという訳です。ちなみに、日焼け止めはA波もB波もブロックしてくれる成分が入っているので、焼きたくない人が美白を保てるのです。そして、サンオイルにも日焼け止めにもSPFという文字が書かれています。これは、紫外線B波から肌を守れる時間をあらわしたもので、SPF1は20分ほどの効果が持続するといわれています。この数値が増えるほど、長時間紫外線B波をブロックしてくれるのです。こまめに塗るのが面倒な人は、数値が高いものを選ぶといいでしょう。
  • SPF=時間

  • SPF=時間

    出典: instagram.com

  • よく、このSPFの数値をどれくらい焼けないかというレベルとしてみて判断をしている人がいますが、これは時間をあらわしているので認識を間違えないように使用してくださいね。
    あとは、サンオイルや日焼け止めをしたからといって、強い日差しを浴びた後のケアを怠ってはいけません。体がほてっていたら冷水のシャワーを浴びたり、しっかり冷却してあげましょう。刺激の強くない化粧水で、たっぷりと皮膚に水分補給をしてあげましょう。正しい知識を持って、綺麗に日焼けをして夏を楽しみましょう。
サンオイルに書いてあるSPFの数値の意味
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

SPF
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事