サンオイルはUVカット効果のある製品がお勧め

サンオイルはUVカット効果のある製品がお勧め

Thumb?1414295452 muah♪さん

297

紫外線をそのまま長時間浴びてしまうと、特に皮膚が弱い方の場合には皮膚にひどい炎症が起こって赤く腫れてしまう場合もあります。サンオイルはこうしたリスクを軽減して安全にムラなく肌を焼くための化粧品で、現在では様々な種類の製品が販売されています。紫外線による被害を少し手も軽減したいという方はUVカット成分が配合された製品を選ぶとよいでしょう。


  • サンオイルでリスク軽減

  • サンオイルでリスク軽減
  • 健康的な小麦色の肌を手に入れるためにはサンオイルを塗って日光浴をして紫外線を継続的に浴び、皮膚内部のメラニン色素の合成を促すのが一般的ですが、太陽の光には皮膚の細胞を傷つけてしまうような有害な紫外線も多く含まれています。
    こうした紫外線をそのまま長時間浴びてしまうと、特に皮膚が弱い方の場合には皮膚にひどい炎症が起こって赤く腫れてしまう場合もあります。また、紫外線による肌にダメージは徐々に蓄積していくため、将来シミに悩まされたり、皮膚がんなどにかかるリスクも高まってしまいます。サンオイルはこうしたリスクを軽減して安全にムラなく肌を焼くための化粧品で、現在では様々な種類の製品が販売されています。
  • SPFを知る

  • SPFを知る
  • 各製品には肌をキレイに焼くためのオイルが配合されていますが、最近ではより安全に肌を焼くために強い紫外線から肌を保護するUVカット成分が配合された商品も増えているので、紫外線による被害を少し手も軽減したいという方はこうした製品を選ぶとよいでしょう。
    日焼け止めでは紫外線に対する防御効果をSPF値とPA値で表しますが、UVカット成分が配合された製品にはSPF値が表示されているので、これを目安に選ぶのがポイントです。
    SPF値はその数値が大きいほどUVBという有害な紫外線に対する防御力が高くなりますが、日焼け止めではSPF10〜50の製品が一般的であるのに対し、サンオイルではそれよりSPF値が低く、主にSPF0、SPF2、SPF4の3種類の商品が販売されています。SPF0の製品は全く紫外線から保護されないのですぐに日焼けできますが、紫外線によるダメージをダイレクトで受けることになります。
    このため、日焼けに慣れていないという方の使用には向いていませんが、定期的に肌を焼いているという日焼け上級者の方の使用には適しています。
    これに対して、SPF4の製品では程度紫外線から肌が保護されるので、ゆっくりと安全に肌を焼きたいという方はSPF4の製品がお勧めです。
    また、日焼けするとすぐに赤くなってヒリヒリするという方の場合には、あえてサンオイルを使わずにまずSPF10〜20の日焼け止めを塗ってゆっくりと肌を焼いて下地をつくり、その後にSFP4のオイルを塗って焼くというように徐々に肌を焼いていく焼き方が効果的です。
  • こまめに塗り直すのが大事

  • こまめに塗り直すのが大事

    出典: instagram.com

  • このように、サンオイルを選ぶときには事前にSPF値を確認して自分にあった製品を選び、各製品のUVカット効果に合わせた使い方をすることが効果的な使い方といえます。
    なお、サンオイルは汗などの水分で流れやすく、たっぷり塗っても時間が経過すると自然に流れてしまうため、長時間日光浴をするときには2〜3時間ごとにこまめに塗り直すことをお勧めします。
サンオイルはUVカット効果のある製品がお勧め
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事