サンオイルの成分は顔に塗っても平気なの?

サンオイルの成分は顔に塗っても平気なの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

389

真夏は紫外線が強くなるので、日焼けをしたくない人にとっては美白を守るためにいろいろと大変です。日焼けは楽しんでも肌の老化やダメージは防いでいきたいですよね。その為には、何も塗らない状態での日焼け行為は禁止してください。では、日焼け止めやサンオイルはなぜ塗るのかをきちんと理解しておきましょう。


  • 日焼けからくる肌ダメージ

  • 日焼けからくる肌ダメージ
  • 真夏は紫外線が強くなるので、日焼けをしたくない人にとっては美白を守るためにいろいろと大変です。夏の楽しいレジャーには紫外線が付きものなので、日焼け止めクリームを塗りながら上手く乗り切るしかないでしょう。日焼けをしてもいい人や小麦色の肌を目指している人は、大胆に肌を出して過ごしている人もいるでしょう。しかし、日焼けをしたい人でも、しっかりと紫外線対策をしていかないと、肌がどんどん老化して傷ついていってしまいます。
    日焼けは楽しんでも肌の老化やダメージは防いでいきたいですよね。その為には、何も塗らない状態での日焼け行為は禁止してください。では、日焼け止めやサンオイルはなぜ塗るのかをきちんと理解しておきましょう。
  • 紫外線A波・B波

  • 紫外線A波・B波

    出典: instagram.com

  • 紫外線は、皮膚を赤く炎症させて、細胞を傷つけ老化を早めます。紫外線には、A波とB波がありそれぞれ違う肌トラブルを引き起こします。A波は、シミ・そばかす・たるみなどの老化現象を引き起こす原因となります。B波は、炎症や火傷、時には皮膚がんを引き起こす原因となります。何も塗らずに炎天下の下で過ごすということは、このようなトラブルの元になる紫外線を全身で受けていることになるのです。これは、体にとってあまりにもリスクが高すぎます。
    それでも日焼けを楽しみたい人は、サンオイルを塗るようにしましょう。サンオイルは、紫外線B波をブロックしてくれるので、炎症や火傷、皮膚がんのリスクを減らしてくれます。紫外線A波をブロックする成分は入っていないので、肌を守りながら黒くしてくれるのです。サンオイルは基本的に体のどこの部位に塗っても大丈夫なのですが、気を付けたいのが、皮膚によっては弱いところもあるので、顔や肩・首筋などの焼けやすい部位には日焼け止めの方を塗って肌を守ったほうがいいでしょう。
  • アフターケアをしっかりと

  • アフターケアをしっかりと

    出典: instagram.com

  • 特に顔は、シミ・そばかす・たるみを防ぐ成分が入っていたほうが、より肌の老化を防ぎ守ることが出来るからです。日焼け止めも、使い方で多少は焼けてしまいますので、サンオイルを塗る部位と上手く使い分けながら日焼けのバランスをとるといいでしょう。
    あとは、日焼けはアフターケアが大切です。炎天下の下で紫外線をたくさん浴びた日は、ほてった体をクールダウンさせましょう。冷たいシャワーを浴びたり、保冷剤で冷やしたりも効果的です。刺激の少ない化粧水で水分補給も忘れずに行いましょう。紫外線から皮膚を守り、綺麗な日焼けが出来るように心掛けましょう。
サンオイルの成分は顔に塗っても平気なの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事