生理前に出来るだけ太らないようにする3つの体重管理法

生理前に出来るだけ太らないようにする3つの体重管理法

Thumb?1414295452 muah♪さん

3254

ダイエット中の女性にとって一番大きな悩みは生理前の体重増加ではないでしょうか?
多くの場合が生理5日前頃から体重が増加していく傾向があります。


  • 生理前に体重を管理する方法

  • 生理前に体重を管理する方法
  • 生理前は体重が増えてしまうものと諦め、食欲に任せて食べたいものを好きなだけ食べてしまうと、生理が終わっても体重が戻らず結果としてひどく太ってしまうことも。
    そうならないためにも、生理前後の体重管理がとても重要です。
    ですが、生理前の私たちの体は特に疲れやすく、無理をしてはいけない状態にあります。
    生理前は体重減少を望むのではなく、いかにして女性ホルモンの影響を少しでも減らすことを心がけることが必要です。
  • 食事を小分けして食べる

  • 食事を小分けして食べる
  • 生理前は食欲が増し食べ過ぎてしまいがちですが、食べ過ぎた栄養は間違いなく脂肪として私たちの体に蓄えられます。
    その対策として、少ない量を少しづつ小分けにして食べると効果的です。

    空腹を感じるのは血糖値が下がっているからです。
    少ない量を小分けして食べることで、血糖値を安定させ、空腹状態を作らないことで生理前のドカ喰いを防ぐことができます。

    ですが、仕事中に食事を小分けして食べることは難しいですよね。
    そんな時はミックスナッツを2時間おきに7g程度食べると血糖値が非常に安定した状態が保てます。

  • カリウムを多く含む食品を摂取する

  • カリウムを多く含む食品を摂取する
  • 生理前は水分を体内に貯めこみやすく、生理前以外は平気だったジャンクフードなどの塩分の高い食事を食べると簡単にむくんでしまいます。
    その対策として、体内の塩分を分解する効果のあるカリウムを含む食品を生理前は特に積極的に取り入れることでむくみを予防し、体重増加を防ぐことができます。
    カリウムが豊富な食品はスイカやきゅうり、海藻類やリンゴ、豆腐や納豆が代表的です。
  • 体を温める

  • 体を温める
  • 生理前の激しい運動はあまり良くありませんので、体を冷やさないように着るものを工夫してみたり、湯船に毎日浸かることで体を温める習慣を身につけましょう。
    体を温めると血流が良くなり、生理前のむくみを予防することができます。
    また子宮を温めることで生理前の不快症状を緩和する効果が期待できます。

生理前に出来るだけ太らないようにする3つの体重管理法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事