生理前のイライラ解消は豆乳飲料にお任せを

生理前のイライラ解消は豆乳飲料にお任せを

Thumb?1414295452 muah♪さん

477

生理で悩む女性、生理が辛い女性ならどなたでも、可能な限り日常生活へのマイナス効果やダメージを減らしたいと考えているのでは?


  • 生理中のイライラに悩んでいませんか?

  • 生理中のイライラに悩んでいませんか?
  • 仕事だけでなく趣味や習い事で充実した毎日を過ごす女性にとって、ある一定のサイクルで訪れる生理とどう向き合い、どのようにコントロールするか、は、かなり、重要なことです。個人差はありますが、一ヶ月約30日のうちの10〜14日は生理前生理中にかかりますので、生理で悩む女性、生理が辛い女性ならどなたでも、可能な限り日常生活へのマイナス効果やダメージを減らしたいと、考えるからです。
  • 生理の役割

  • 生理の役割
  • と言いましても、生理は、母となるために必要な、また女性が女性たる所以でもあるので、生体の仕組とともに理解をすることで、豊かな人生への扉を開ける契機ともなります。
    女性には男性とは異なり、子供を産むための生殖器(卵巣や子宮など)があります。生理とは、妊娠のチャンスのある女性が妊娠しなかった結果、子宮内膜が剥がれ落ち出血することです。また、生理後に卵巣で作られた卵子が放出されることを排卵と言います。排卵後、女性の身体は黄体期へ移行し、女性ホルモンのうちエストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加します。黄体期の後半は生理前と重なり、体温はやや高めとなり、イライラや乳房の張りや痛みがあり、食欲は増進します。
    次の生理が始まると、イライラや乳房の張りや痛みなどはなくなり、精神面では落ち着いた日常生活が戻ります。生理から次の生理へのサイクルは30〜40日と考えられ、生理前は約一週間です。生理前のイライラは女性自身も悩ましいのですが、実は職場の上司や同僚、家族などの周りの人たちも心ならずも迷惑を受けることが多いので、できるだけ抑制することを考えたいものです。
  • 悩みの原因はホルモン

  • ところで、なぜ、生理前にはイライラや判断力低下、精神面に落ち着きがなくなるのでしょうか。全女性のうちの三分の一は、生理前に同様の悩みを持っていると知られています。
    実は、女性ホルモンの働きと関係があるのだと分っています。女性ホルモンのうちのエストロゲンは生理の終わり頃から増加し排卵前に最高潮に達し、その後は減少します。もう一つの女性ホルモンのプロゲステロンは排卵後から増加し次の生理が始まるまで維持されます。両ホルモンの役割は異なり、エストロゲンは妊娠する前に子宮の準備として子宮内膜を厚くします。また、肌や身体のコンディションを整える役割もあります。一方、プロゲステロンは子宮内膜に卵が着床するよう妊娠をサポートする役割です。
    生理前は、プロゲステロンの増加が著しく、エストロゲンが減少することにより、精神面でイライラします。つまり、エストロゲンの減少は女性にとっては、肌荒れの原因であり、精神面のイライラの原因でもあるのです。
    このように女性にとってエストロゲンという女性ホルモンがとても大切なホルモンであると分かりました。そして、生理前のイライラや落ち着きのなさを何とか解消するために、エストロゲンと類似した働きをしてくれる植物を摂取すると効果があると分かりました。
  • 大豆が効果アリ

  • 大豆が効果アリ
  • その植物とは、大豆です。納豆や黒豆などの大豆類を食事で摂取することもお薦めですし、豆乳などの飲料で摂取しても効果が期待できます。生理が近い、と感じたら、一日に200mlの豆乳飲料、あるいは豆乳入りコーヒー飲料、豆乳入り果実飲料などを摂取することで、嘘のようにイライラがすーっと引いていきます。
    騙されたと思って一度は豆乳飲料のお試しを!
生理前のイライラ解消は豆乳飲料にお任せを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事