生理前のイライラ抑える方法

生理前のイライラ抑える方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

655

なんとなく最近イライラする、不安感や焦りがあるというとき、そういえば今生理前だったなんてことはよくありませんか。生理前にそういった感情を持っている女性はなんと80%を占めていて、むしろ経験していない女性のほうが少数派なのです。でも毎月毎月そういった症状に悩まされるのはつらいですよね。そこで少しでもイライラを緩和できる方法をご紹介します。


  • 生理前にココロやカラダに起こる不快な症状のPMSって?

  • 生理前にココロやカラダに起こる不快な症状のPMSって?
  • PMSは生理前の3〜10日間に続くココロやカラダに起こる不快な症状であり、月経が始まるころに終わる症候群のことです。普段なら許せるようなことにもイライラしたり、なんでもないようなことで落ち込んだり、焦りを感じて緊張していたり涙もろくなったりしてしまいます。身体症状なら、顔に吹き出物ができたり体重が増えたり、便秘もしくは下痢になったり胸が張って痛いなんてこともあります。

    原因はいろいろな説がありますが生理前に女性ホルモンの黄体ホルモンのバランスが崩れてしまったり、セロトニンなどの神経伝達物質が異常に増えてしまったりするのが原因ではないかといわれています。
  • イライラや不安な感情をコントロールする方法とは

  • イライラや不安な感情をコントロールする方法とは
  • ? ストレスを解消する



    強いストレスは生理を遅らせたりPMSを悪化させたりする原因になります。生理が遅れるとPMSの期間も長引く原因に。お友達とカラオケに行ったりおいしいものを食べに行ったりとストレスを解消する方法を自分なりに見つけましょう。

    ? 運動をする



    運動はストレス発散になるほかに、筋肉量を増やすことで冷えの改善にもなります。ホルモンバランスを整えるために軽いウォーキングやヨガをやるのもおすすめです。また有酸素運動はセロトニンの分泌を促す効果があります。気持ちがモヤモヤしているときに気晴らしに散歩から始めてみるのも良いでしょう。

    ? 甘いものを控える


    甘いものを食べると脳内麻薬が分泌されて「幸福感」や「安心感」を得ることができます。チョコレートを食べるのと好きな人のキスは同じくらいの効果があるなんてこともいわれています。中毒性もあるので甘いものが好きな人はなかなかやめるのは難しいかもしれません。しかしPMS中に甘いものを食べていると「安心感」を得られるかわりにその後血糖値が一気に下がり大きな感情のリバウンドが現れ不安感やイライラが訪れるのです。こうしたリバウンドを防ぐために生理2週間前くらいから白砂糖を控えておくとよいでしょう。


    ? 低用量ピルを使ってホルモンバランスを整える方法


    低用量ピルは月経前のホルモンバランスの変化を抑える効果があります。そのためPMSの症状を和らげる効果があります。また生理周期を規則正しくしてくれるので、生理痛も軽くなります。

  • 食生活や運動をするように気を付けることでPMSを改善できることができます。今日はバスを使わないで歩いてみようかな、などといったちょっとしたことでも積み重ねることで変化はあるのです。来月の生理のイライラを和らげるために今から少しずつ努力してみませんか。
生理前のイライラ抑える方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事