生理前に眠いと感じる理由は

生理前に眠いと感じる理由は

Thumb?1414295452 muah♪さん

298

生理前の悩みに、眠気があるという人は少なくありません。
始まるまでは、とても眠い状態が続くのに、始まれば一気に落ち着く事が多いのが特徴です。
眠気を感じた時に眠る事が出来る環境にいれば、問題はありませんが、仕事や勉強の最中に強い眠気を感じ、その時間を乗り切る事が大変と感じてしまう人は少なくありません。
この強い眠気は、生理前に分泌される女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 生理前の眠気に影響を及ぼす可能性があるとされているのが、女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンです。
    黄体ホルモンは、排卵日から生理が始まるまでの間に活発に分泌されるホルモンで、それ以外の時期は分泌量が少ない事が特徴です。
    黄体ホルモンには、子宮内膜に受精卵が着床しやすい状態を作り、妊娠しやすい状態に体を整えていくという働きがあります。
    妊娠後は、分泌を続け、赤ちゃんが育ちやすい状態を整え続けていきます。
    その為、黄体ホルモンは、妊娠、出産に欠かせないホルモンですが、それ以外に月経前症候群、PMSの原因になる可能性がある事でも注目を集めています。
    月経前症候群は、生理前に起きる、様々な不調の総称です。
  • 出典: www.tumblr.com

  • その症状は、便秘や下痢、吐き気や肌あれ、頭痛、食欲増進等、体調面に現れるものもあれば、イライラしやすくなる、集中力がなくなる、憂鬱な状態が続く等、精神に影響を及ぼすものもあります。
    現れる症状は人によって様々で、毎月同じ症状が出るとも限りません。
    そんな月経前症候群の症状の中の一つに、強い眠気があります。
    原因は明確になっていませんが、黄体ホルモンが睡眠中枢に刺激を与える事が原因になっているという説が有力とされています。
    この睡眠中枢への影響は、眠いという症状だけでなく、眠れないという不眠の症状となって現れる事も珍しくありません。

  • 出典: www.tumblr.com

  • そんな生理前の眠気の症状を軽減させたいと考えたら、体を動かすようにする事が有効です。
    月経前症候群の症状が出やすくなる原因の一つとしてストレスが考えられています。
    体を動かす事で、眠気を解消するだけでなく、月経前症候群自体の原因となりやすいストレス解消にも繋げ、様々な症状を軽減させていく事が出来ます。
    更に、決まった時間に起きて、決まった時間に寝るようにするといった、規則正しい生活を心がける事も大切です。
    出来る対策をしっかりとしておく事で、生理前に起こりやすい眠気の強い状態を軽減させていく事に繋がっていきます。

生理前に眠いと感じる理由は
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事