生理前に起こる出血

生理前に起こる出血

Thumb?1414295452 muah♪さん

390

生理前の出血の原因はホルモンバランスの崩れによることが多いのですが、中には心配な病気が隠されている場合もあります


  • 考えられる原因

  • 考えられる原因
  • 排卵期出血
    前の生理と次の生理のちょうど中間あたりに、エストロゲンが減少することによって子宮内膜から出血が起こる場合があります。時には排卵痛を伴うこともありますが、出血量は比較的少量のことが多いです。基礎体温を付けていて自分の排卵期を把握している人は、そのタイミングからこの出血が排卵期出血だとおおよそ判断がつくでしょう。


    機能性出血
    女性の生理周期にはエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンが関係しています。これらのホルモンは常に量が一定ではなく、生理が終了してから排卵期を経て次の生理が始まるまでに変化していきます。通常の変化をたどらず何らかの原因でこの二つのホルモン量のバランスが崩れると出血を起こします。長く続くと貧血などの二次的症状も出てきます。10代や更年期のようにホルモンバランスが崩れやすい年齢ではない場合、ストレスやダイエットなどが関係している場合も少なくありません。


    時には心配な不正出血も
    子宮筋腫、ポリープ、びらんなど器質的なものが原因でも出血が起こります。子宮がんなど悪性のものもあるので安易な素人判断は危険です。

  • 上記に当たらない場合

  • 上記に当たらない場合
  • 着床出血
    精子と卵子が受精し受精卵となり子宮内部にくっついた状態を「着床」といいます。着床する時に子宮の壁に傷がつくことがありますが、その時ほんの少しだけ出血する場合があります。ただし着床したら必ず出血するのではなくむしろ出血するほうが稀なことなので、この出血がないからといって妊娠していないという証拠にはなりません。


    月経不順
    いつもの生理周期ではない時に生理が始まることがあります。排卵の周期が不規則なため生理予定日が狂うのです。場合によっては数か月から数年も生理がないこともあり、こうなるともはやいつのどんな出血なのかといった判断はできません。


    接触出血
    性交渉の後などは、内壁に傷や炎症ができて出血する場合があります。ポリープやびらんがある人は接触出血を起こしやすいです。

  • 他にも、

  • 染色体異常などで妊娠を継続できずにそのまま生理になる科学的流産や、性病によっても不正出血することがあり、とても素人判断できるものではありません。もし明らかに生理ではない出血があったなら、たとえ少量であっても病院に行って診てもらったほうがよいでしょう。病院に行く場合は、出血の量や期間、その他の体調の変化や筋腫の有無など、できるだけ詳しく状況を説明できるようにメモを用意しておくと診察がスムーズにできるものです。出産経験のない人にとって産婦人科は敷居が高いところですが、恥ずかしがって放置しておくと後から後悔することにもなりかねません。とにかく一度診てもらって早く安心したほうが体だけでなく心のためにも良いでしょう。
生理前に起こる出血
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事