生理前症候群は自分なりに対処ができる

生理前症候群は自分なりに対処ができる

Thumb?1414295452 muah♪さん

374

生理前症候群とはPMSとも呼ばれており、大体の女性が耳にしたことがあるでしょう。生理前になると心身に不調が現れ、快適に生活できなくなることを生理前症候群といいます。


  • 生理前症候群の具体的な症状

  • 生理前症候群の具体的な症状
  • 生理前症候群の具体的な症状は、むくみ、吐き気、便秘、下半身の鈍痛、といった身体的な症状や、食欲増加、イライラ、攻撃的になったり悲観的になる精神的な症状があります。
    期間は、生理前ならば二週間前から始まる人も、生理が始まる前日のみに起こる人もおります。
    生理前を利用したダイエット方法も存在するために、体重増加や食欲増加に悩んでいる人は痩せるチャンスにできたりもします。

  • 前もって旦那や彼氏に症状を伝えておく

  • 前もって旦那や彼氏に症状を伝えておく
  • 生理前症候群のイライラは、自分では中々抑えられません。
    交際している彼氏がおれば、生理前には会うのを控えて喧嘩を避けたり、同居している旦那がおれば生理前症候群について説明をしておきましょう。
    月に一度イライラしてしまう時期があるけれど本心ではないの、ごめんねと、一言伝えておくと相手も理解してくれます。
    人にあたってイライラや不調を解消しようとせず、自分一人で行えるストレス解消方法を持っておきましょう。
    つい物にあたったり、約束を反故にしたり、精神不安定から運転ミスを起こし大きな損害を出してしまうことだってあります。
    生理前だけでなく、日頃から我慢をしすぎず、うまく気を抜きながらも生活することが大切です。
  • 生理前症候群の対処方法

  • 生理前症候群の対処方法
  • 症状がひどければ、医者に相談すると症状を和らげる薬を出してもらえます。
    専業主婦ならば、誰にも会わないように工夫をしたり、家事を手抜きしたりといくらでもトラブルを回避できますが、働いているとそうも行きません。
    まずは、自分が生理前に不調をきたしてしまうと自覚しましょう。
    生理前が近付き不調が起こった際に、生理前症候群だから仕方がないと受け入れると、自分なりに対処ができます。
    生理前に合わせて仕事のスケジュールを立てたり、生理前はなるべく人と接さないようにするなど、工夫をしましょう。
    普段からストレスを溜めない生活を心掛け、肌荒れや体重増加に備えて食べる物も管理しておくと、生理前症候群が起こった時にいくらか症状を緩和できます。
生理前症候群は自分なりに対処ができる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PMS
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事