生理前症候群とうまく付き合うために

生理前症候群とうまく付き合うために

Thumb?1414295452 muah♪さん

414

女性なら一度は生理前症候群を経験する人が多いです。原因は、ホルモンバランスの変化を言われていますが、これをしたら治るという方法が確立されていません。


  • 諦める

  • 諦める
  • 頑張っているから辛くなってストレスになる、頑張っても生理前症候群の為効果が出にくい、など、不具合なことも起きやすいです。頑張り続けても結果が出ないのは辛いことなので、思い切って諦めてみることも必要になってきます。ずっと諦め続けるわけではなく、合間のこの日だけ、もう今日は休んでみようと思う気持ちが大切になってきます。その休みの日は、早く寝たり、おいしいものを食べたり贅沢なことをしてみたり、自分へリラックスする方法を与えてみます。眠いだるいやる気がでないという生理前症候群は、一日気分転換をすると、変わってくるものです。生理前だから仕方ないというある意味割り切り気持ちがストレスを溜めないコツです
  • 体を動かす

  • 体を動かす
  • 身体と心はつながっているといわれるように、身体が辛くない場合は、外へ出てみることをお勧めします。家に閉じこもっていると、余計なことまで考えてしまい、悩んでしまって悪循環です。買い物でも構いませんので、少し歩いてみましょう。運動が好きなようなら無理のない程度に、ウォーキングやジムに行ったりして、身体を動かします。身体を動かしていると全身の血流もよくなって、身体も軽くなって、汗をかくとリフレッシュできます。運動している間は他ごとを考えられないので、悩む時間も減ってきます。自宅を出たくない場合は、家の中で体操やストレッチをするようにして、なるべく身体をほぐして、リラックスさせます。

  • 重症の場合は婦人科を受診する

  • 重症の場合は婦人科を受診する
  • ひどい腹痛やめまいなどが起きているときは、思い切って婦人科を受診します。こんなことでと思うかもしれませんが、意外と深刻に悩んでいる人は多いものです。あまりに症状がひどくて今すぐ治したい場合は、患者の様子を見ながら、そもそもの原因の生理を止める為ピルを処方されます。また薬に頼りたくない場合は、漢方を処方されます。漢方は女性の生理の仕組みに合わせながら、補助するような形のものなので、結果はすぐにはでないですが、長時間飲んだあと改善していたと気づくことも多いです。処方されたものを飲んでいると驚くほど改善されることもあるので、重症の場合は病院に行くのも一つの方法です。


    生理は閉経までの長い付き合いになります。付き合っているうちに自分の身体のことを少しずつ分かってきて、上手に対処できるようになっていきたいものです。
生理前症候群とうまく付き合うために
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PMS
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事