生理前症候群の改善方法

生理前症候群の改善方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

582

現在、多数の女性が悩んでいるといわれている生理前症候群。生理の1〜2週間前から表れる身体的、精神的な不調のことですが、ホルモンのバランスが関わっているといわれています。


  • 症状とは

  • 症状とは
  • 症状は多岐にわたり、数えきれないほどあります。人それぞれ症状の出方が違い、その症状によって生活に支障をきたす場合もあります。
    実際、私も生理1週間位前から、イライラや下腹部痛などの症状に悩みどうにか生理前症候群を改善できないかと考えていました。
    そこで、今すぐできる身近な改善方法はないかと調べてみたところ、日頃の習慣から生理前症候群を改善できる方法がありましたので紹介したいと思います。

  • 鉄不足が生理前症候群の症状を悪化させる

  • 鉄不足が生理前症候群の症状を悪化させる
  • 生理前は子宮に血液が集まり、脳の血流が悪くなり酸欠状態になってしまいます。そうなると不安や恐怖など精神的な不定愁訴が表れてきます。
    精神的な症状が表れる方は一度病院で血液検査をしてみてはいかがでしょうか。
    血液検査ではヘモグロビン値が正常であっても貯蔵鉄であるフェリチンの値が低い場合は鉄不足となります。
    私は近所の病院ではヘモグロビン値が正常であったため鉄不足と診断されませんでした。しかし鉄不足ではないのになぜこんなに不定愁訴がでるのかと思い、違う病院でフェリチンの値を測ってもらったところ一桁代という結果がでてひどい鉄不足と診断されました。
    ヘモグロビン値だけでなくフェリチンの値も改善させることで生理前症候群の症状改善が期待できます。
    食事面の改善や良質なサプリメントの摂取で鉄不足を改善しましょう。

  • 砂糖断ちで不調を改善させよう

  • 砂糖断ちで不調を改善させよう
  • 砂糖の摂りすぎで大切なミネラルが消費されてしまいます。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの不足によって生理前症候群の症状が強く表れてしまう場合があります。
    また、砂糖を摂取することによって血糖値が急上昇します。そこで多量のインシュリンが分泌され血糖値が急激に下がり低血糖状態となり、血糖値を上げなければいけないという状態に陥ります。そのときに不安や焦燥感などの精神的症状を起こしやすいノンアドレナリンというホルモンが分泌されてしまいます。
    現在、砂糖が入っていない食品を探すほうが難しいと思います。全ての砂糖を排除しようとすると逆にストレスになってしまう場合があるので、まずは甘いものをやめてみる。という簡単にできることから始めてみるのはいかがでしょうか。

    今からすぐにできる生理前症候群の改善方法を上げていきましたが、鉄不足の改善も砂糖断ちも1日でできることではありません。自分のできる範囲で毎日続けていくことが、少しでも症状を改善できる方法なのだと思います。

生理前症候群の改善方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PMS
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事