妊活中やダイエット中にオススメ!生理中&生理前に豆乳を飲むことで得られる効果

妊活中やダイエット中にオススメ!生理中&生理前に豆乳を飲むことで得られる効果

Thumb?1414295452 muah♪さん

9890

豆乳には、女性ホルモンの変わりとなる大豆イソフラボンがたくさん含まれています。200ML飲む事で、一日の希望摂取量の大半を摂取することができる一方、摂りすぎにも注意が促されています。


  • エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性を美しくする

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性を美しくする
  • 女性は、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンがうまくバランスを取りながら、生理を起こしています。生理前受精卵が着床しやすいように、黄体ホルモンが上昇するのですが、妊娠していなければ生理が始まります。そして、次の排卵に向けて卵胞ホルモンを出して、準備をしていきます。卵胞ホルモンは女性を美しくします。肌をきれいにしたり、ダイエットしやすい環境を作りやすいです。生理中に豆乳を飲むと、卵胞ホルモンが出て美しくしたり、ホルモンが活性化されます。大豆イソフラボンは、どちらか一方のホルモンに働きかけることもなく、両方にバランスよく働きかけてくれます。もちろん、この間黄体ホルモンが全くないわけではありません。
  • 飲みすぎは子宮筋腫や内膜症、子宮がんへの影響が

  • 飲みすぎは子宮筋腫や内膜症、子宮がんへの影響が
  • しかしながら、近年豆乳の摂りすぎが話題になっています。豆乳は簡単にスーパーなどで買うことが出来て、値段も安いことから簡単に手に入ってしまい、ついつい飲みすぎてしまうことが多くなってしまうからです。大豆イソフラボンは1日の摂取規定量が決められていて、それを守らないとホルモンが異常に活性化していまい、身体にとって良くないです。豆乳は飲み物なので、ついついゴクゴク飲んでしまいますが、大豆イソフラボンは豆腐や納豆にも含まれています。豆腐なら1日に1丁の半分程度、納豆なら1パックで摂取量はOKです。卵胞ホルモンが異常に出てしまって、子宮筋腫や子宮ガンに影響しているということも挙げられています。一日の摂取量を守ることが大切になってきます。
  • 上手に取り入れて、よい排卵とよい黄体ホルモンをつくる

  • 上手に取り入れて、よい排卵とよい黄体ホルモンをつくる
  • もちろん全く大豆イソフラボンを摂取しないのも体にとって良くないです。生理中卵胞ホルモンを出して、よりよい排卵を行うから、より良質な黄体ホルモンがでるとも言われています。妊娠を希望していたら、積極的に摂取することが大切で、妊娠を希望していなくても、毎月規則正しい生理がくることが大切です。ホルモンバランスが崩れると、不正出血の原因にもなりますし、身体のあちこちに不調が現れていきます。どれも簡単に手に入るものですから、豆乳なら飲みすぎないようにして、適度に生活の中に取り入れたいものです。
  • ダイエットと女性ホルモンの関係

  • ダイエットと女性ホルモンの関係
  • 女性がダイエットを始める時期は、月経後が最も適しています。
    その理由は、二つの女性ホルモンが深く関係していると言われています。

    月経後は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが多く分泌されます。この、エストロゲンには新陳代謝を向上させ、女性の美しさを高める役割を担っています。これにより、月経後はダイエットに適した時期と言われているのです。

    逆に、月経中や月経前がダイエットに適していない期間である理由は、プロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されることにあります。このプロゲステロン、「ブスホルモン」なんて言われていたりもします。妊娠に適した身体づくりに役立つホルモンであり、水分や老廃物を溜め込みやすくなったり、自律神経の動きも鈍くなったりします。ダイエットの効果が出にくくなるのはこのためです。

    しかし、豆乳ダイエットはプロゲステロンの分泌量が増加する月経開始一週間前から始めるのが良いとされています。その理由は、豆乳には月経前の老廃物の溜め込みを防いでくれる栄養素が多く含まれているからです。
  • 豆乳に含まれるダイエットに効果的な成分

  • 大豆イソフラボン


    大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に科学的構成が非常に似ているため、似た働きをしてくれます。ストレスや老廃物の溜め込みを緩和してくれる女性にとって有り難い成分です。

    大豆サポニン


    腸内の絨毛を縮小させ、脂肪、糖質の吸収を遅らせたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑え、食べすぎを防止する効果があります。

    大豆ペプチド


    吸収してしまった脂肪の燃焼をうながします。基礎代謝を高めるため、運動しなくても脂肪を燃焼する効果が期待できます。

    大豆タンパク質


    食事でとった余分な脂質やコレステロールを大豆タンパクが吸着して排出し、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きがあります。また、体脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑える効果があります。

    オリゴ糖


    腸内にあるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。便通がよくなることで、美肌、ダイエット効果が期待できます。
    【引用】http://allabout.co.jp/gm/gc/186561/2/

    いったん生理が始まれば、今度はもう一つのホルモンであるエストロゲンの働きにより代謝が活発になるので自然に体重が落ちていき元の体重に戻るのですが、豆乳で生理前の溜め込みを抑えることで更なる体重の減少を期待できるということなのです。
  • 豆乳ダイエットの方法とは?

  • 豆乳ダイエットの方法とは?

    出典: www.photo-ac.com


  • 1. 生理前の7~10日前から一日に200mlの豆乳を飲む

    エストロゲンに似た成分であるイソフラボンの大量摂取はあまり良くありません。
    一日に70~75mg程度を目安としましょう。
    日本人はもともと大豆製品を摂取する習慣がありますので、無調整豆乳であれば約45mgを含む200mlくらいを飲むのをおすすめします。

    2. 生理が来たら飲むのをやめる

    生理前の水分・老廃物溜め込み防止のために飲むという目的があるため、市恵理が来たら飲むのをやめてOKです。
    もちろん、生理が来ても毎日飲み続けても問題ありません。
    ただ、1でも記載したように飲み過ぎないように注意してください。

    たったこれだけで生理後の体重が落ちるというから、やらない手はないですよね。
    豆乳を飲むだけのダイエット、一度試してみてはいかがでしょうか。
妊活中やダイエット中にオススメ!生理中&生理前に豆乳を飲むことで得られる効果
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事