不妊の原因は精子にある?精子検査の方法と3つの注意点

不妊の原因は精子にある?精子検査の方法と3つの注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

99

不妊の原因が女性にあるとは限りません。女性の卵子、もしくは男性の精子に何らかの異常があることにより不妊となっている可能性があるのです。しかし本当はどこに原因があるのか、それは検査しなければわからないですよね。そこで考えるべきことが旦那に精子検査を受けてもらうことです。しかしながら精子検査と言ってもどのような検査なのか内容が分からなければ不安になってしまいがちです。何より旦那に精子検査を受けるようにお願いする際に、自分が検査方法知らなければ説得力がないですよね。そこで今回は精子検査の方法と注意点について紹介します。

  • 旦那への精子検査の打診は早めにしよう

  • 旦那への精子検査の打診は早めにしよう
  • 旦那に精子検査を受けて欲しい、と思った場合は躊躇なく、早めに打診することが大切です。
    何故なら不妊治療は年齢を重ねる程、難しくなるものだからです。
    しかし、旦那が不妊治療に協力的ではない場合、精子検査を打診しても嫌がられてしまうかもしれないですよね。

    では、何故男性は精子検査を嫌がるのでしょうか。その理由は勿論、人により異なりますが大抵の男性は自分の知らないこと、理解していないことに不安を感じてしまいがちです。
    その恐怖心により拒絶しているだけの場合が多いのです。したがって精子検査の全容を簡単に説明すれば、それだけで説得できてしまう可能性もあります。
  • 精子検査の病院は旦那へ相談する前に調べておこう

  • 精子検査の病院は旦那へ相談する前に調べておこう
  • 精子検査の方法を説明できるようになれば、どの病院で精子検査を受診するのか、それについてもしっかりと調べておきましょう。場所まで決まっていればより説得力が高くなります。それにより旦那も説得に応じやすくなるのです。
  • 精子検査には禁欲期間が必要とされる

  • 精子検査には禁欲期間が必要とされる
  • 精子検査の検査方法は、男性の精子を取り出してそれを検査します。その為、検査日当日に精子が出ない、という事態は避けなければいけません。

    男性の精子は1日ですぐに限界までつくられるものではありません。したがって3日~1週間は禁欲する期間が必要になります。それは自慰行為だけでなく、性行為も禁止されることになるので、女性も協力的になることが大切です。
  • 精子検査の段階では何も恐れることはない

  • 精子検査の段階では何も恐れることはない
  • 精子検査の方法は簡単に説明してしまえば、専用のクリニックに行き、そこで精子を取り出して提出するだけです。その精子を取り出す方法も決して難しいものではなく、夫婦で訪れたとしても、男性のみが個室に案内されます。
    そこに自慰行為ができるような動画やティッシュ等の準備ができているので、男性は安心して射精できます。そしてそこで出した精子を検査として提出すれば、遅くとも2~3営業日以内には結果が分かります。

    つまり、精子検査を一言でまとめると、病院で自慰行為をして、精子を提出するだけなのです。禁欲期間が必要ですが、痛い注射があるわけではありません。このように決して難しい検査ではなく、怖れる必要がないことを旦那に理解してもらえれば、精子検査に協力してもらえる可能性は高くなるのです。
  • 精子検査を受ける際の3つの注意点

  • 精子検査の検査方法はそこまで複雑ではありませんが、何も考えずに受けていい検査ではありません。やはり不妊治療としてそれなりのお金を払って受ける検査なので心構えを含めて、男性にも注意が必要です。

    例えば、検査の前日に暴飲暴食、大量のお酒を飲んでいたらどうでしょうか。精子検査の検査結果が悪くなる可能性がありますよね。
    つまり、病院からの指示がなかったとしても、大前提として最低限の健康管理は心がける必要があるのです。では次に精子検査を受ける際の注意点を紹介します。
  • 1.思い立ったが吉日、精子検査は早めに受けよう

  • 1.思い立ったが吉日、精子検査は早めに受けよう
  • 精子検査と卵子検査は不妊治療の前提です。これを実施していなければ、何が原因で不妊になっているのか、それが分からないからです。精子検査を受けないことは医者がレントゲンを撮らずに骨折を判断して治療するようなものです。とてもじゃないですが、そんな状態で医者に身体を委ねたくはないですよね。つまり不妊治療において精子検査は欠かせないものなのです。

    したがって、夫婦で不妊治療をはじめることを決めた際は、精子検査の方法を把握してなるべく早い段階で検査を受けましょう。そうしなければ不妊治療そのものが後ろ倒しになってしまうリスクがあります。
  • 2.クリニック内での精液の射精は後片付けを丁寧に

  • 2.クリニック内での精液の射精は後片付けを丁寧に
  • 精子検査でクリニック内の個室に通された場合は、射精が終わった後の片づけも忘れてはいけません。これはしっかりと旦那に伝えるべきことです。
    何故なら、精子検査を受けたクリニックは今後も不妊治療で何度か訪れる可能性がありますよね。その際に病院スタッフには悪い印象を与えるべきではないからです。ちょっとしたことかもしれませんが、病院が用意した部屋を綺麗に使っているのか、それとも部屋中に精子をばらまいているのか、それでその夫婦の印象は大きく変わりますよね。
    病院スタッフも人間です。それで不妊治療に直接的な影響が出ることは考えにくいですがそれでも、できるだけ悪い印象を与えることは避けるべきなのです。
  • 3.精子の調子が悪いことを解ったとしても落ち込んではいけない

  • 3.精子の調子が悪いことを解ったとしても落ち込んではいけない
  • 精子検査の結果、男性の精子に何らかの異常が見つかるのは珍しいことではありません。人によっては精子の尻尾が二股に別れているかもしれません。精子の動きが尋常ではないくらい遅いかもしれません。いずれにせよ、精子の異常は珍しいことではないのです。
    何故なら、日本は世界一の農薬、添加物大国です。更に遺伝子組み換え食品の流通量も半端ではありません。
    このような社会ではよほど健康に注意を向けていない限り、精子を正常に保つことの方が難しい可能性すらあるのです。その為、精子検査で異常が見つかったとしても落ち込むべきではありません。それよりも検査結果を前向きに捉え、適切な不妊治療の方法について考えることが大切なのです。
  • サマリー

  • サマリー
  • 精子検査の方法は決して複雑なものではありません。
    旦那に不妊治療に協力してもらう為にはそのことを理解してもらいましょう。旦那も検査が簡単なものであると分かれば、重い腰を上げてくれる可能性があります。また精子検査でどのような結果が出たとしても一喜一憂すべきではありません。それは卵子の検査でも同じことです。不妊治療を成功させるには、現状を的確に捉え、冷静に治療方法を選択すべきなのです。
  • まとめ

  • まとめ
  • ここまで、精子検査の方法と注意点について紹介しましたが、いかがでしたか。

    精子検査は不妊治療の第一歩でもあります。できればこの精子検査を受診する前に、夫婦の考えは一致させておきましょう。本格的な不妊治療が始まれば、費用がかかるだけでなく、上手くいかない経験をする可能性もあります。その時に夫婦の考えが一致していなければ挫折してしまうリスクがあるからです。

    不妊治療は決して簡単なことではありません。もし旦那が不妊治療に協力的でない場合、精子検査を受ける前に、まずは夫婦の考えを一致させることから始めてみてはいかがでしょうか。
不妊の原因は精子にある?精子検査の方法と3つの注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事