植物を使ったボタニカル洗剤とオーガニック洗剤の違いについて

植物を使ったボタニカル洗剤とオーガニック洗剤の違いについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

185

ボタニカル洗剤とオーガニック洗剤の違いはご存知ですか。混同されがちなこのふたつには実は違いがあります。自分が求めているものがどちらなのか理解して使うのが大切です。

  • ボタニカル洗剤とオーガニックについて

  • ボタニカル洗剤とオーガニックについて
  • ボタニカル洗剤のボタニカルとは「自然の」と言う意味があります。

    レディース服などやインテリアなどのデザインとしても人気なので一度は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    一方オーガニックとは有機栽培と言う意味で使用されていますが厳密には化学肥料をしていない、自然環境に配慮しているなど多くの基準をクリアする必要性があります。

    オーガニックとは農薬や化学肥料に頼らずに行った農林水産業や加工方法のことをさし、目的としては自然のままの健全な食物連鎖を目指すことをいいます。

    日本ではJAS法による登録認定機関の検査や認証を受けたもののみがオーガニックとして販売してもよい認可がおりたものなのでオーガニック製品を購入したい場合には有機JASマークがあるものを選びましょう。

    有機栽培の植物を使用した洗剤を購入したいと思った場合にはオーガニックの素材を使用したボタニカル洗剤を探しましょう。

    ボタニカルは「自然の」「植物の」と言う意味はありますが有機栽培であるオーガニックのと言う意味ではないからです。体によりよい洗剤を求めている場合には製品に含まれている植物が何処でどう育ったものなのかにも注目して選びましょう。

    ボタニカル洗剤は自然の成分が入った洗剤で間違いありませんがボタニカルなら100%安心という話ではないので注意しましょう。
    自然の成分が入ったこの洗剤は効能や効果も成分に由来しますので入っているハーブなどにアレルギー反応などがある場合には使用に注意が必要です。ボタニカルなら万能で安心であるというわけではないのには中が必要です。

    この洗剤を上手に使用したいばあいには成分にこだわって選ぶ必要があります。

    肌の環境やシャンプーやリンスなら仕上がりに注目して選ぶことが大切です。成分は商品のパッケージやメーカーのホームページなどから確認することができます。購入する前に自分の目的にあったものか、アレルギー反応がでないものかどうか調べてから使用しましょう。
  • ボタニカル洗剤の特徴・効果

  • ボタニカル洗剤は自然由来の成分を使用しているという特徴があります。

    効果としては低刺激で肌に優しいものが多いという点です。ボタニカル洗剤を生産している会社によっては化学物質から引き起こされる頭痛などに配慮した製品などより健康な体作りに注目して生産している場所もあります。自然の成分を体に取り入れたいときに使用したい洗剤となっています。

    世界的に愛用者が多いボタニカルのシャンプーはノンシリコンでありながらも髪がきしまないと評判です。

    お酢で漬け込んだハーブを使用しているボタニカルシャンプーはハーブの効果だけではなくお酢の効果で髪がサラサラになると評判です。敏感肌の方ならボタニカルの中でも弱酸性のものを選ぶと良いでしょう。

    ボタニカルの洗剤は洗浄成分が比較的低いものが多く販売されています。薄毛の原因のひとつには頭皮の脂質の取り過ぎにのる乾燥や頭皮環境の悪化が原因のひとつともいわれているので頭皮を優しくケアしたいと思った時にもピッタリです。

    ボタニカルシャンプーはこのように低刺激のものが多いのでヘアケアだけではなく頭皮のケアもできるスカルプケアシャンプーとしても人気となっています

    従来の洗剤は洗浄力が強かったり洗い上がりが良いなどの特徴がありますが、ボタニカルの特徴としては美容目的だけではなく肌にやさしい成分やリラックス効果などが得られるという効果がある点です。シャンプーやボディーソープは乾燥を潤すタイプタイプのものがありますので乾燥肌が気になる方にも嬉しい洗剤となっています。

    ボタニカル洗剤は自然の成分から抽出された成分が配合されているのでとても良い香りがするという特徴もあります。なかには香料を調合する職業である調香師が調香した洗剤もあるので香りを楽しむ目的で購入するのも良いでしょう。香りを楽しみたい時には柔軟剤などに取り入れる優しくお部屋に香りが広がります。

    ボタニカルの洗剤にはローズやアップルなどの甘い香りだけではなくミントなどのすっきりしたものなどもありますので好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
  • ボタニカル洗剤の見分け方

  • ボタニカル洗剤の見分ける時には使用されている植物に注目すると良いでしょう。

    シャンプーを例にあげるとシャンプーはアミノ酸系シャンプー・石油系シャンプー・石鹸シャンプーの3つに分けることができます。

    このうちでボタニカルのものを選びたい時には石油系のものを除いたものを選ぶようにし、商品に入っている成分を確かめるようにして下さい。

    ボタニカルの特徴である「植物由来」と表示されているケースでも植物成分が1%ほどしか入っていない場合もあります。

    また、石油系界面活性剤の原料のひとつにはヤシ油があげられています。ものによってはヤシ油を植物オイルとして表示していることもありますので石油系の成分を使用したくない場合には注意するようにしましょう。

    オーガニックでボタニカルのノンシリコンのシャンプーと書いてあった場合でも成分表をよく見て判断することが大切です。

    またボタニカルシャンプーにはしっとり系のモイスト、サラサラ系に仕上がるスムース系の2種類に分けられています。剛毛を柔らかくしたい場合にはモイスト、ボリュームを出したい場合にはスムース系を選ぶようにしましょう。

    使用したい洗剤がどんな洗剤か見分けたい時には成分表に注目しましょう。
    とくに注目したい点は成分分析にある界面活性剤の項目です。この項目を見れば配合されている成分が肌に優しいものかどうか調べることができます。

    高級アルコール系界面活性剤が入っているものはボタニカルのもののなかでも刺激が強いので注意が必要です。

    ワックスを使用した髪を洗いたい場合などの時にはある程度の洗浄力が必要になりますので頭皮の環境にあわせて選ぶようにしましょう。
    洗浄力は高いが低刺激のラウレス-4カルボン酸Naなどをしようしたものなどがおすすめです。

    日本人の肌質に適した東洋ハーブを使用したものの中にはリンスを使用しなくてもしっとりと仕上がりになるものもあります。肌質や頭皮環境に合った成分が入ったものをえらぶことが失敗しないコツとなっています。
  • ボタニカル洗剤のメリット

  • ボタニカル洗剤の特徴は自然由来の成分を使用していること、そのためハーブなどに含まれる体に嬉しい成分を効果的に摂取できるというメリットがあります。

    ハーブにはそれぞれ効能があり、ペパーミントなら抗菌・防腐効果が期待できます。カモミールの効能としては皮膚を様々な刺激から守る効果の他に香りにリラックス効果があると言われています。

    他にはティーツリーにはクレンジング虫除けや真菌などの菌に対して殺菌効果が、フローラルの香りが特徴的なフラゴニアには除菌効果があります。

    細菌を除去し虫を撃退する効果があるペーパーバークは殺菌作用のあるといわれているオーストラリア原産のタスマニアンペッパーなど洗剤の効果として嬉しいハーブなどがボタニカル洗剤が多く使われているというメリットがあります。

    ハーブには殺菌や虫よけだけではなくリラックス効果が期待できるような良い香りのものが多く、柔軟剤にしようすれば緊張を解きたいときや気持ちを和らげたい時にもおすすめできます。

    リラックス効果が以外にも生き生きとした明るい気持ちにさせてくれるようなハーブもありますので自分の目当ての成分の植物をあらかじめ探しておくと洗剤の効果をより得ることができます。

    ハーブの組み合わせから様々な香りの洗剤が生み出されているので香水の様に気分に合わせて楽しめると言うメリットもあります。トップノート・ミドルノート・ベースノートと香りが代わるタイプのものを選べばより楽しむことができるのでおすすめです。アロマ効果が期待できるものにはペットにも使用できるタイプも販売されています。

    有機栽培のものを選べば自然にも優しいというメリットもあります。洗剤は分解するのに時間や手間がかかりそのまま自然に戻してしまうと環境に影響が出てしまうこともあります。

    自然由来のものを使用すればその影響を抑えることが出来るとも考えられていますので自分の健康だけではなく自然環境にも優しい洗剤を選びたいと思った時に購入してみてはいかがでしょうか。
  • ボタニカル洗剤の副作用・注意点

  • ボタニカル洗剤やオーガニック洗剤の副作用は少ないと言われていますが、植物本来の成分を使用しているので使用されている植物の種類によってはアレルギーなどに注意が必要です。

    ボタニカルだから安心安全と思わずに洗剤に使用されているものにどんなものが入っているか確かめるようにするようにしましょう。植物そのものにアレルゲンがあるケースでは特に注意が必要です。

    例えばですが美白効果やニキビを解決効果が期待できるカモミールはキク科の植物となっていますので、同じキク科の植物であるタンポポやコハコベなどにアレルギーがある場合にはキク科の原料が入った洗剤は逆にかぶれやすい状態を作ってしまう場合があります。
    同様に大豆アレルギーや小麦アレルギーなどがある場合には成分に気を付けて購入する必要があります。

    洗剤に限らずオーガニック製品やボタニカル製品には植物オイルが原料として使用されることがあります。

    このオイルには精製度があり精製度が低いものには不純物が多く混在されているため不純物が原因で肌荒れやアレルギーが起きてしまうこともあります。不純物が高いものはオイルの酸化も早いという面もありますので自家製で洗剤を使用する場合などには良いオイルを使用しましょう。

    注意したい点としてはアレルギーを持っている方にとっては避けなければならない成分のものも販売されていますが、アレルゲンになりうる可能性がある成分だからといって必ず悪いものという訳ではありません。

    オーガニックやボタニカルの成分は人によって効果に差があるため使用する前にパッチテストを行うなど自分に合ったものか確かめるようにしましょう。

    ボタニカル洗剤は香りが良いものが沢山販売されていますが、まずは原材料や使用されている植物の成分・効果などにも注目して選ぶことが大切です。

    また香りはひとによって感じ方が変わるという特徴があります。お気に入りの香りのものを身に着けるのは楽しいですが、周りが不快にならないよう外出する時などには周囲にも気を配るようにするのも大切です。
  • ボタニカル洗剤の商品

  • ボタニカル洗剤の商品には柔軟剤やシャンプー、トリートメントなど様々な商品が販売されています。

    ランドリンから販売されているランドリンボタニカルシリーズの柔軟剤はリラックスグリーンティーやベルガモット&シダーの香りがする製品。オーガニックの認証を受けた8種のオーガニック抽出エキスを配合されているほか、蛍光剤・漂白剤・着色料を使用してない製品となっています。

    ボタニストからは髪や地肌に優しい大豆やトウモロコシなどの天然由来の来成分が90%以上配合されたシャンプーが販売されています。

    弱酸性という特徴をもっているほか、生分解性が高いアミノ酸系の洗浄成分と保湿力が高いといわれるベタイン系の洗浄成分がバランスよく配合されているので髪が細く絡まりやすい方やボリュームを出したい方におすすめです。

    フレリーボタニカルの柔軟剤は自然由来の成分が90%以上入っているだけではなく、オーガニック認証エキスを使用した製品です。

    スイス人・フランス人の調香師によって作られた香りはローズ&アップルとハーブ&ゼラニウムの2種類があります。遺伝子組み換え植物やシリコン、合成保存料などを使用せずに認証を受けたオーガニックエキスを10種類配合した柔軟剤です。

    ボンダイウォッシュの商品は化学物質によって頭痛を引き起こした経験が生かされた製品。香りの成分にはオーストラリア特産の最高級のオーストラリアンブッシュオイルなど世界中から厳選された天然香料がしようされています。

    ボタニカル洗剤はボディケア用のものだけではなくディッシュウォッシュやペットケア、ベビー用品など様々な製品があります。

    天然由来成分100%でエタノールフリーのボタニカル化粧品を作っているボタニカノンでは鹿児島産のホーリーフや佐多岬産の月桃を使用した製品。

    ボディーソープや食器洗い液体石鹸など様々な製品を取り扱っています。紹介した商品以外にもボタニカル洗剤の商品にはいろいろなものがありますので自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。
植物を使ったボタニカル洗剤とオーガニック洗剤の違いについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事