石油系とは違う自然界と肌に優しい植物性洗剤について

石油系とは違う自然界と肌に優しい植物性洗剤について

Thumb?1414295452 muah♪さん

88

洗剤には種類があり、石油系を原料としている洗剤より植物性洗剤の方が肌に優しいという話を見聞きしたことがある人は多いでしょう。では、一体どのような洗剤なのかを説明します。

  • 植物性で作られる洗剤とは

  • 植物性で作られる洗剤とは
  • 体や物をキレイにする洗剤は石鹸と合成洗剤に分けられ、日本にはこの二つの分類しか存在していません。

    石鹸は最もシンプルに作られている洗剤で、脂肪酸ナトリウム塩を使用して作られていることが多いです。合成洗剤というのは化学的な製法で作られている洗剤のことで、配合する成分を洗剤として使うために化学合成を行っています。そのため、植物性洗剤といっても界面活性剤と呼ばれる物質が含まれています。

    界面活性剤は肌や環境に良くないものとしてピックアップされましたが、界面活性剤には大まかに植物性と石油系の二種類があります。

    石油系にはラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・オレフィンスホルン酸ナトリウム・パレス-3硫酸ナトリウムなどがあり、これら石油系の界面活性剤は肌への刺激も強く、水質汚染の原因にもなるといわれています。

    一方、植物性の界面活性剤は肌に優しく、排水される中で成分が分解されるため水質汚染を起こす界面活性剤としての力が失われます。石油系と植物性の洗剤は製造段階で化学合成が行われるので同じ合成洗剤の扱いになりますが、石油系より植物性の方が肌にも自然界にも優しいのです。

    界面活性剤は、合成洗剤だけでなく石鹸にも含まれています。
    理由としては、界面活性剤が洗剤に配合されていないと汚れを落とす洗浄力が弱くなるからです。

    ただ、石鹸に含まれている界面活性剤は脂肪酸系で、石鹸に分類される洗剤の界面活性剤は濃度が薄くなることで界面活性剤の力が消失します。
    濃度が薄くなるのは水と混ざった時で、自然界へ排水される時には水質を汚染するような濃度ではありません。このことから、石鹸は環境に優しい洗剤とされています。

    植物性洗剤を製造・販売している企業や団体は色々ありますが、製造元及び商品によって配合されている植物性原料が異なります。

    肌や自然界に優しいと言っても原料によって合う・合わないがあるので、使用感のことも含めて自分や家庭に合った植物性洗剤を探しましょう。
  • 環境を害さないエコな洗剤

  • 石油系の界面活性剤は洗剤だけでなく化粧品にも用いられていた時代があり、現代でも使用している商品はありますが、アトピーを引き起こす原因であることや使い続けるとくすみを引き起こすことが指摘されてからは石油系を使用せずに作られている洗剤や化粧品が増えました。

    石油系の使用を避けることで、人体の影響の他に自然界への影響も良い方向へと変わります。

    アトピーは一度なってしまうと肌が弱くなる上に痒さもあってなかなか治りにくくなるので大変ですし、くすみは年齢と共に自然と生じやすくなるものなので化粧品によって更に生じる可能性が高くなることは避けたいですよね。

    植物性の界面活性剤を使用している化粧品を使うことで、石油系のような肌トラブルリスクは軽減されます。自然界への影響では、特に水の中で暮らしている生物たちのためになります。

    化粧品ではなく洗剤によって影響を受けることが多い自然界にとって、石油系の界面活性剤は敵のようなものです。

    石油系は植物性や石鹸に用いられる界面活性剤のように、水に薄まったり成分が分解されることがありません。界面活性剤のまま自然界に排水されるので、水の中に暮らす生物には命の危機が及びます。
    そうです、界面活性剤は生物にとって良くない物なのです。

    水の中の生物は水中の酸素で生きているため、水を吸い込んで吐いてを繰り返しています。水が体内に入ることから、水質が汚染されていると健康を害されるので亡くなってしまいます。生き物が亡くなることから、石油系は体に優しくないことが分かりますよね。水の中の生物が少なくなってしまうと、自然界のサイクルが崩れます。

    自然界は微生物がいて植物があり、水中生物がいて鳥類がおり、陸上生物が存在しています。陸上生物には人間も含まれているので、水質については深く考える必要があるのです。最近は舐めても大丈夫とされるくらい自然派な洗剤が登場しており、そのような植物性洗剤で水の中の生物が亡くなってしまうことはないでしょう。
  • 植物性探しに役立つ!界面活性剤の見分け方

  • 実は、植物性洗剤と記載されていても完全なる植物性洗剤ではないことがあります。

    原料を見てみると確かに植物性も含まれていますが、一緒に石油系が含まれていることもあるのです。植物性が用いられていたとしても石油系が一緒に含まれていては、植物性洗剤とは言えません。

    植物性と石油系の見分ける時には、原料の表示を見ることで簡単に判別することができます。石油系に分類される界面活性剤は上記にあるラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・オレフィンスルホン酸ナトリウム・パレス-3硫酸ナトリウムの他、ラウレススルホン酸ナトリウム・ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウムなどがあります。

    ラウリル硫酸ナトリウムはドデシル硫酸ナトリウムと呼ばれることもあり、ラウレス硫酸ナトリウムはポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩と呼ばれることもあるので注意しましょう。

    また、ナトリウムではなくアンモニウムと表記されることもあります。これらの表記が原料部分にある商品は植物性洗剤ではなくほぼ石油系洗剤になるので、植物性を使用したいと考えている場合は避けるようにします。

    購入する前ではなく、既に家にある洗剤を見分けたい時には実験感覚で調べることが可能です。実験方法には、燃焼実験と酢を使用した実験があります。

    燃焼実験は火を使うことから危ないので家庭で行うことを考えるとあまり現実的ではないかもしれませんが、調べたい洗剤を金属スプーンに入れて下から火を当てます。

    しばらく加熱を続けると蒸発し、悪臭がしてタール状になったら石油系です。逆に、悪臭がなくタール状にならなかった洗剤は植物性です。

    次に酢を使った方法ですが、この実験では洗剤の種類を知ることができます。石鹸なのか、合成洗剤なのか、ということです。

    まず、コップに3分の1くらい水を入れてから調べたい洗剤を入れて混ぜます。そこに酢を少量混ぜ入れたら、状態チェックに移ります。白濁して泡が消えたら石鹸、泡は消えず変色しない場合は合成洗剤です。泡が消えずに白濁した場合は、石鹸と合成洗剤が混ざった複合洗剤とされます。

    燃焼実験は危ないのでおすすめできませんが、酢を使ってわざわざ実験するのもめんどくさいかもしれません。最も簡単な見分け方は原料の表記を見ることなので、原料及び成分チェックをして本物の植物性洗剤を入手しましょう。
  • 石油系にはない植物性のメリット

  • 植物性といっても商品によって原料や成分が違うことから、美容効果や洗浄力については全ての植物性洗剤に当てはまるメリットはありません。

    しかし、どの植物性洗剤にも当てはまるであろうメリットがあります。それは、自然界に優しいということです。基本的に肌にも優しいのですが、石油系が含まれない植物性の洗剤は水質を汚染しないことが明確になっています。


    〇メリットその1自然界を汚染しない

    植物性の原料は、排水される時に分解が起きます。
    水面に舞い落ちた葉が水中生物の栄養となるように、植物性の界面活性は水に溶けて分解されます。
    分解された植物性の界面活性剤は水質汚染や水中生物を害する力が失われるので、植物性洗剤は環境に優しいと言われているのです。


    〇メリットその2肌に優しい

    自然界に悪影響を与えないということは、人体にも害がないことを呈しています。洗剤が人間に与える害といえば、肌への刺激です。

    石油系の界面活性剤は肌に備わっているバリア機能を壊すことが明らかになっていて、これがアトピーを引き起こす原因とされています。

    アトピーは赤く痒みのある肌荒れが発生し、治りにくいことから治らないと思われることもありますが、原因は肌のバリア機能が壊れていることにあるのでバリア機能を正常に戻せばアトピー症状は軽減されます。

    人によってバリア機能が正常化されるまでにかかる期間は異なりますが、正しいケアを続けることで治ります。保湿のために使用する化粧品も大事ですが、ボディソープ・ハンドソープ・食器用洗剤・洗濯用洗剤・掃除用洗剤も見直すことで改善のためになると思います。

    アトピー肌の他に、肌の弱い赤ちゃん・ニキビなどの肌トラブルがある時・ストレスで免疫力が落ちている時にも植物性洗剤は向きます。免疫力との関連性は不思議かもしれませんが、免疫力は肌のバリア機能にも関係しているため免疫力が低下すると肌も弱くなります。

    免疫力は生活習慣とストレスに左右されやすいので、多忙で肌トラブルが出てきた時にも有用です。
  • 植物性洗剤で気を付けたいこと

  • 植物性洗剤には植物性のオイルが使用されることが多いと言いましたが、ヤシのオイルであるヤシ油が使われている商品を選ぶ時には注意が必要です。

    ヤシ油を使用している洗剤は割とたくさんあり、ヤシ油使用と記載されている商品の成分表示にはアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム・脂肪酸アルカノールアミド・アルキルアミドプロピルベタインと書かれていることがあります。

    アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムという成分は化学式にすると最初にR-となり、このRはヤシ油由来のアルキル基を示します。

    ただ、R-以降に続く化学式は石油由来のものになっているのです。化学式では最初の部分だけが自然由来ということになるので、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムは全体の30%ほどしか植物性ではないことになります。

    このことから、原料の表記を見ることも大事ですが成分表示をチェックすることも大事であることが分かります。

    原料はヤシ油です!と謳っていてもヤシ油で作られるアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムは実際には全体の30%ほどしか植物性でなく、残り70%が石油系です。

    原料を見る限りでは植物性でも成分を見ると石油系が存在していることもあるので、成分表示を要チェックして完全な植物性洗剤ではないのに植物性洗剤と謳っている商品を誤って購入しないように気を付けましょう。

    石油系の存在が皆無な本物の植物性洗剤であれば使用による副作用が起こることは無いとされますが、用いられている原料に含まれている成分によっては合わないことがある可能性は否定できません。

    特に肌が弱い場合は合わない植物性成分であった時に副作用に似た状態が起こるかもしれないので、使用する前にパッチテストを行うことをおすすめします。

    ボディソープやハンドソープは手の甲でパッチテストを行い、食器用洗剤でも同様に試します。洗濯用洗剤はパッチテストを行わなくても良いかもしれませんが、掃除用洗剤はゴム手袋・ゴーグル・マスクを着用して使用するようにしましょう。
  • 優しいが魅力的な植物性洗剤の商品例

  • 〇セーフケア(SAFECARE)シリーズ

    セーフケアシリーズは株式会社インフィニティによる純植物性洗剤で、掃除用洗剤を扱っています。

    株式会社インフィニティは地球を安全かつキレイにするという使命を掲げており、自然界を汚染しないこと、アレルギーのある人でも苦しむことなく使えることを大事にしているようです。

    戦争の実験が盛んに行われていた時代は化学物質によるアレルギーに苦しむ人が増加しましたが、この歴史によって化学的な物質は人体に良くない物であることが分かりました。

    この会社では化学品が不要になるシステムを目指しており、自然界にも人体にも害のない洗剤を開発しているとされます。原料にはサトウキビ・リンゴ・大豆・ヤシ・トウモロコシなどを使用していて、洗浄のために欠かせない界面活性剤も肌と自然界に優しいもので石油系は一切使われていません。

    使用後は微生物によって分解されるようになっており、水に混ざって排水されても、土の上に洗剤が乗ってしまっても微生物によって分解されるので自然を害することなく掃除することができます。

    掃除をする際は汚れをキレイに落としたいものですが、セーフケアシリーズは洗浄力の高さも優れているのでエコで優しく便利な商品です。


    〇ナイーブ

    日本では有名なボディソープだと思いますが、ナイーブは100%植物性と謳われているボディソープです。市販されているので、ドラッグストア・薬局・スーパーなどで見かけます。

    配合されている成分は石鹸洗浄成分とアミノ酸系洗浄成分で、着色料・アルコール・シリコン・鉱物油・パラベン系が含まれていないので肌に優しいボディソープとして使用している家庭も多いようです。

    配合成分表示にあるラウロイルメチルアラニンナトリウムは危険なのでは、という考えもありますが低刺激で洗浄力がマイルドなので肌に優しい成分です。

    子どもの肌にも優しい上に使用感はさっぱりしているので、植物性ボディソープをすぐにでも試したい場合はナイーブがおすすめです。環境に優しいことより肌に優しいことが強調されていますが、成分的には自然界にも優しいので心配ありません。
石油系とは違う自然界と肌に優しい植物性洗剤について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事