ノンシリコンと普通のシャンプーの選び方・見分け方とは?

ノンシリコンと普通のシャンプーの選び方・見分け方とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

83

「ノンシリコンシャンプーが話題だけれど、普通のシャンプーとどう違うの?」「どっちを使えばいいの?」などお悩みの方はいらっしゃいませんか?そんな方々のために、普通のシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いや、ご自分に合ったシャンプーの選び方・見分け方をご説明します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • シャンプーとノンシリコンシャンプーの違い
  • ノンシリコンシャンプーのメリットとは?
  • ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?
  • 髪質によっては不向きなことも
  • 最終的な判断は自分で!
  • シャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

  • シャンプーとノンシリコンシャンプーの違い
  • 現在は髪に優しいと評判のノンシリコンシャンプーが広く認知されるようになりましたが、シャンプーは基本的に、界面活性剤と水で構成されている洗剤となります。

    界面活性剤にも種類があり、アルコールタイプのものとアミノ酸タイプのもの、石鹸タイプのものがあります。

    ノンシリコンの場合はシャンプーのパッケージにもそう記載されていますが、自分で確認したほうがより良い商品選びができます。

    成分名にジメチコン、シロクメチコン、シロキ、シリカなどが表示されている場合はシリコンシャンプーとなり、一般的にもよく市販されているものとなります。

    シリコンシャンプーには、髪を保護し指通りを滑らかにする役割があります。また、汚れを落とす力もあり、安全性も高いと言われています。

    ノンシリコンは普通のシャンプーからシリコンを抜いたものとなりますが、界面活性剤にアミノ酸が使われているものがほとんどです。そのため人気があると考えられます。
  • ノンシリコンシャンプーのメリットとは?

  • ノンシリコンシャンプーのメリットとは?
  • ノンシリコンといっても様々な商品が売られていますので、選び方としては自分の肌や髪質にあったものを購入することをおすすめします。

    またシリコンフリーをうたっていてもラウリス硫酸ナトリウムなどの成分が配合されたアルコール系のものがあるので注意が必要となります。

    メリットとしては、根元のボリュームが出たり、パーマやカラーの持ちがよくなったり、頭皮を健康に保つといったものがあります。

    シリコンフリーのものを使いたいと思ったら、保湿の高いものを選ぶようにしましょう。

    普通のシャンプーよりも高価である場合が多いので、使い続けられるものを選ぶようにしていきましょう。

    自分にあわず、金銭的にも高いと続けるのは難しくなってきますので、無理せず自然な範囲で選んでいくことをおすすめします。

    また、今は香りも大分幅広く選べるようになりましたので、好きな香りを選ぶことでリラックス効果も期待できると考えられます。
  • ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?

  • ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?
  • デメリットも意外に多くあります。

    まず、今までシリコン入りの商品を使っていた場合、シリコンでコーティングされていた髪がきしむことがあります。

    また、指通りも滑らかではなくなり、手触りが悪くなります。

    これはそれまでコーティングされていた髪が元の状態に戻ってしまうためです。

    他にも、熱に弱いためドライヤーやヘアアイロンなどを使うとその熱で髪がダメージを受け、傷みやすくなります。

    カラーリングやパーマでもシリコンのコーティングがないぶん、髪のダメージが進行してしまう場合があります。

    そういう場合は髪を優しく洗い、トリートメントなどで傷みの補修を試みたほうがいいでしょう。

    トリートメントも髪にとっては重要になりますので、シャンプーを選ぶときは一緒にトリートメントの商品の購入も考えておきましょう。

    メリットとデメリットをきちんと把握してから購入することで、これまでとは選び方も変わってくると考えられます。
  • 髪質によっては不向きなことも

  • 髪質によっては不向きなことも
  • 髪にいいと言われているからなんとなく使おうとするのは避けたほうがいいでしょう。

    必ず自分の髪質も把握してから選んでいくほうが無難と言えます。

    一般的には猫毛やまとまりがなくペタンとしている髪質の人は向いていると言われています。

    逆に、ボリュームがあったり髪質の硬いタイプの人はシリコン入りのシャンプーが向いていると言われています。

    向いていないものを無理に使ってしまったり、向いているものをあえて使わなかったりするのは髪や頭皮の健康にもよくありませんので、きちんと自分で判断し、商品を選びましょう。

    また、オーガニックも有名になっており、間違われやすいですが、オーガニックはまた異なるものと考えましょう。

    オーガニック製品には認証マークがありますので注意が必要となります。

    なるべく宣伝や広告に惑わされず、自分の髪質を客観的に見て把握することでどちらが向いているのか正しい選び方ができると考えられます。
  • 最終的な判断は自分で!

  • 最終的な判断は自分で!
  • シャンプーでいうところのシリコンとは化学的に合成された樹脂のことを指します。

    ノンシリコンの場合は、シリコンの保護力がなくなり髪が元の状態に戻ります。ある意味ではナチュラルな状態になると言っていいでしょう。

    髪がそんなに傷んでおらず、艶やキューティクルが欲しい場合は一般的に売られているものがおすすめとなります。

    どちらにもメリットとデメリットはありますので、最後は自分で選んでいくといいでしょう。

    気分や髪の調子によって使い分けてみるのもひとつの方法となります。

    また、シリコン入りの商品も体に悪影響があるというわけでは全くありませんので、普通に使用しても問題はありません。

    髪に優しいと言われる商品を使用するか、艶の出る商品を使うかの違いというだけですので、もし使用してみてあわなかった場合は、こだわらずにシリコン入りのものを使うこともひとつの方法となります。

    表示成分はしっかり確認し、髪や好みに合わせて選ぶようにしていきましょう。
ノンシリコンと普通のシャンプーの選び方・見分け方とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事