部屋に合ったものを選ぼう!ベッド下収納選びの注意点と活用法

部屋に合ったものを選ぼう!ベッド下収納選びの注意点と活用法

Thumb?1414295452 muah♪さん

609

ベッドを選ぶ時にベッド下収納付のものを選ぶ人が少なくありません。狭い部屋の中で少しでも収納スペースを確保するためにはベッド下の活用はとても有効なのですが、ベッドは本来睡眠をとるためのものなので、毎晩多くの汗を吸ったマットが乗っているため湿気が溜まりやすいのが最大のデメリットです。


  • ベッドには多くの湿気が溜まりやすい

  • ベッドには多くの湿気が溜まりやすい
  • ベッドの最大の目的は快適な睡眠を得ることです。そのために大切なのはマットレスの形状とマットレスの湿気が上手く発散できるつくりになっていることです。人は眠っている間に約コップに1杯もの汗をかくといわれています。その汗をマットが吸い込むため、マットレスが上手く発散できる構造になっていないと湿気がこもってしまうことになります。ベッドを選ぶ時にベッド下収納付のものを選ぶ人が少なくありません。収納スペースの確保を考えると、ベッドの下のスペースの有効活用につながるのでとても理想的な収納のように思えます。狭い部屋の中で少しでも収納スペースを確保するためにはベッド下の活用はとても有効なのですが、ベッドは本来睡眠をとるためのものなので、毎晩多くの汗を吸ったマットが乗っているため湿気が溜まりやすいのが最大のデメリットです。
  • ベッド下の湿気対策

  • ベッド下の湿気対策

    出典: instagram.com

  • 収納付ベッドのフレームは箱のような構造になっているため通気性がよくないうえ、ほこりもたまりやすいです。マットレスや布団というのは、睡眠中にかいた汗を吸い込み、ベッドの周辺に放出します。そのため、この放出した空気を毎朝入れ替え、定期的に掃除をすれば湿気によるカビの心配はぐっと少なくなります。
    そしてベッド下収納のスペースにしまうものの選び方としては、湿気に強いものや、本や写真などではないものを選ぶことがおすすめです。収納ベッドに洋服やシーツなどの布類をしまうなら、密閉性を重視したチェストベッドがおすすめです。比較的安価な引出しベッドはほこりや髪の毛などが入り込みやすく、中にしまったものが汚れてしまう可能性があります。
  • ベッド下収納の活用方法

  • ベッド下収納の活用方法

    出典: instagram.com

  • またベッド下収納を雑貨収納に活用する場合には、引き出しの内寸に注意する必要があります。あまり浅すぎるものだと使い勝手がよくないので、収納したいものに合わせた深さの引き出しを選ぶ必要があります。
    そしてベッド下収納付のものの選び方で最も注意しなければならないのが、引き出しを開け閉めする余裕があるかどうかという点です。引出式の収納ベッドには開閉用の余裕スペースが必要なことを頭に入れて選ばないと、せっかく選んだのに物を出し入れするスペースがないために、活用できなくなってしまう可能性があります。そしてクローゼットなどの近くに収納ベッドを置くときには、クローゼットの扉が完全に開くかどうかを確認しなくてはなりません。ベッドの周囲が極端に狭いようなら、引き出し式ではなく、跳ね上げ式ベッドの方が向いています。
部屋に合ったものを選ぼう!ベッド下収納選びの注意点と活用法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事