意外とかんたん?住まいを快適にする湿気対策とは

意外とかんたん?住まいを快適にする湿気対策とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

1419

発生したカビをそのまま放置していると、吸い込んだ胞子が健康被害を発生させ、呼吸や肺に異常をきたします。引越しが直ぐに出来る解決策ですが、簡単に行える方法ではないので、出来る範囲で行う対策が必要です。


  • 発生した湿気にはすぐに対策を

  • 発生した湿気にはすぐに対策を
  • マンション1階で発生する湿気は、対策を放置するとどうなりますか?冷たい空気は常に下へ降りますし、この現象は冬場の窓で実感出来ますが、建物全体でも同様の事が起こっているので、内外の温度差から湿気が発生し易くなります。湿った空気は湿度を上昇させるので、カビやダニにとって心地良い環境ですから、換気の怠りや不十分な掃除が、急激にこれらの存在を増殖させる原因になります。また、水回りは濡れやすい場所なので、湿度の高いマンション1階では、自然に乾燥する時間が長くかかります。この様な場所を放置すると、目に見える壁面のカビ被害に繋がりますし、吸い込んだ胞子が健康被害を発生させ、呼吸や肺に異常をきたします。
    引越しが直ぐに出来る解決策ですが、簡単に行える方法ではないので、出来る範囲で行う対策が必要です。
  • 住宅の定期的な換気はカビの発生を防ぐことができます

  • 住宅の定期的な換気はカビの発生を防ぐことができます
  • 水分が滞らない外気の取り込みや風の流れが、ダニなどの発生を抑え、健康被害の可能性を低下させます。住宅の定期的な換気は、マンション1階に限らず、全ての居住空間に必要な仕組みです。風の流れは湿気の滞りをなくし、濡れた場所を素早く乾かします。水滴や湿りの速やかな乾燥は、住宅の信頼性維持にも欠かせないので、24時間の換気システムを取り入れるか、意識して計画的な窓開けを行う事が大切です。湿気問題に有効な換気も、周囲に湿気の発生源が存在し、常に湿度を上げている状態では効果が薄いです。この様な場合は、機械で強制的に除湿を行いますが、締め切った部屋でなければ効果は発揮されないので、有害物質を新鮮な空気に変える点が不十分になります。更には、夏場の温度上昇がマンション1階を直撃するので、除湿しながら温度を抑える事は困難です。除湿器は必然的に室温を上げますが、エアコンなら熱を外に排出可能ですから、除湿と快適な温度の二つを実現します。
  • こまめな対策で住まいを快適に

  • こまめな対策で住まいを快適に

    出典: instagram.com

  • 計画性のある外気の入れ替えや、除湿器の補助的な利用を組み合わせ、水回りの拭き取りが被害拡大を防ぎます。水を使うキッチンやバスルームは、飛びちりや濡れが発生しますし、木材や染み込み易い壁紙だと、空気が乾いていても乾燥に時間がかかります。室内の平均的な湿度が高いなら、水回りの乾きを風任せにせず、綺麗なタオルなどで水滴を拭き取り、濡れた状態を放置しない事がカビを防ぎます。水回りに対する意識は重要ですが、寝具の汗も健康に関係があります。特にマンション1階の床は、布団や汗の影響が直ぐに問題となって現れます。
意外とかんたん?住まいを快適にする湿気対策とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事