湿気に負けない!快適な生活づくりは簡単な習慣を身に付けるだけ

湿気に負けない!快適な生活づくりは簡単な習慣を身に付けるだけ

Thumb?1414295452 muah♪さん

701

温暖湿潤気候の日本には湿気はつきもの。多少の湿気には慣れていても梅雨時期などのジメジメはちょっと億劫になります。ジメジメ対策テクニックをしっかりと心得ておき、湿気に負けない快適生活を送りましょう。


  • 梅雨時期のジメジメは気分が落ち込みます

  • 梅雨時期のジメジメは気分が落ち込みます
  • 温暖湿潤気候の日本には湿気はつきもの。多少の湿気には慣れていても梅雨時期などのジメジメはちょっと億劫になります。気分が落ち込むばかりでなくゴキブリやハエなどの害虫が発生し易くなったり、最悪の場合は健康面に影響が出てきます。そうなってしまう前にジメジメ対策テクニックをしっかりと心得ておき、湿気に負けない快適生活を送りましょう。
  • もっとも効果的な湿気予防・対策

  • もっとも効果的な湿気予防・対策

    出典: instagram.com

  • もっとも効果的な湿気予防・対策とはホームセンターなどで売られている吸湿剤を使うことです。比較的安値で売られていますので実践している方も多くいると思いますが吸湿剤を設置する場所がとても重要です。まずはキッチンやお風呂の脱衣場、トイレなどの水回りに設置しましょう。水回りは必然と湿気が多くなります。湿気によってカビなどが発生してしまった場合は、小さいお子様やお年寄りの方は特に健康面に被害が出やすいですのでこういった場所は特に注意して湿気のジメジメ対策を行うことが大事です。吸湿剤が手に入りにくい場合は重曹でも対策ができます。空き瓶やペットボトルなどに下から5cm程度重曹を入れて湿気の多い場所に置いておくことでも、吸湿剤の役目を果たしてくれます。湿気を吸って固まった重曹はゴミとしても簡単に捨てることができますので場所や用途に応じて上手に活用しましょう。
  • マメな換気は有効な湿気対策です

  • マメな換気は有効な湿気対策です
  • また、他にも部屋の換気をマメに行うこともジメジメ対策として有効なテクニックです。部屋の隅には湿気が溜まりやすいので水回り以外にも部屋の隅に吸湿剤を置くことが有効ですがさらに換気もしっかりと行いましょう。雨が降ると窓が開けられない、それから湿気が溜まっていく、という流れになってしまいますが、窓を開けなくても換気は可能です。換気扇を回し部屋全体を風が行き渡るように扇風機を回してあげることでも湿気対策としてはとても効果がります。扇風機の風を送り込むことができない靴箱やクローゼット、高い位置にある棚の中などは新聞紙を入れておくことで湿気を取り除くことができます。新聞紙は通常の紙よりも吸湿性が高いため溜まった湿気を吸収してくれます。
    最後に、お風呂やキッチンはもちろん、窓についた結露などの水滴を残さないこと。この水滴も湿気の原因となります。お風呂やキッチンは使い終わったらしっかりと拭き上げ水滴を残さないように心がけましょう。また、窓に結露がついた場合にも同様に雑巾などで拭き上げ、部屋内に水滴がなるべくない状態を保つことで湿気に負けない快適生活を送ることができます。
湿気に負けない!快適な生活づくりは簡単な習慣を身に付けるだけ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事