床下の湿気がニオイのもとに?嫌なニオイは住宅からのSOS

床下の湿気がニオイのもとに?嫌なニオイは住宅からのSOS

Thumb?1414295452 muah♪さん

448

春から夏に掛けて、気温の上昇とともに、部屋の中の空気が淀んだり、カビ臭いニオイが気になるようですと、普段住宅の日の当たらない場所からのサインと考えられます。その箇所の特定は、住宅にとって大切なことです。


  • カビ臭いニオイは住宅からのサイン

  • カビ臭いニオイは住宅からのサイン
  • 春から夏に掛けて、気温の上昇とともに、部屋の中の空気が淀んだり、カビ臭いニオイが気になるようですと、普段住宅の日の当たらない場所からのサインと考えられます。その箇所の特定は、住宅にとって大切なことです。早めに突き止め、手早く対処することで健康被害や住宅への劣化と言う負担から免れられます。トイレ、風呂、台所の水回りや壁際、あるいは屋根、中でも床下からという場合が、一般的でしょう。
  • 気密性の高い住宅は床下の湿気に注意

  • 気密性の高い住宅は床下の湿気に注意
  • 現在の機密性の高い住宅は、部屋の空気を外に逃がさない、また外気を入れないと言う徹底した隙間遮断の建築です。外壁や窓などの接合部分、屋根も同様に完成度の高い技術でたてられています。冬場などの外の気温と部屋の気温差で結露をして床やサッシのレールを水浸しにして困ることがあります。これなどは、面倒でも温度調整や雑巾で拭き取る作業を厭わなければ、それほど問題にはなりません。部屋の湿気も加湿器や除湿器でかなりな対応が出来ます。しかし、床下から上がる広範囲で、しかもひっきりなしに蒸発してくる地面の空気は、じめじめとした湿気を帯び、風の対流のない床下の状態は、茸や、コケなどを繁殖させ、ともすると白い粉を一面に撒いたようなカビで覆われていることは、よく見られる光景です。その空気が、フローリングに染み込んだり、内壁や廊下、前述しました水廻りの床下からも、延々と上がってきます。この閉め切った室内に蔓延しがちなカビのニオイと湿気は、気管の弱い人やアレルギー体質の人には、決していい条件とはいえないでしょう。
  • 風の通り抜けと除湿工事が確実な効果を発揮する

  • 風の通り抜けと除湿工事が確実な効果を発揮する
  • 換気を心掛け、出来る限り外の自然の風を取り入れることは欠かせませんが、畳の部屋は一年に何度か畳み上げは必要になりますし、押入やフローリングなども台所に切ってある収納庫と同じような床の下を点検できる穴を切ることも手段として考えられます。そして、その穴を天気の良い日は開け放ったまま、扇風機などで風を送るのも良いでしょう。リフォームの業者と相談の上で、効果的な位置や強度を塩梅して行うといいかもしれません。湿気の多い床下は屋根にも言えることですが、やはり専門知識の豊富な業者に、定期的に点検を依頼し、その改善に努めることが大切です。屋根の場合は、費用との相談ですが、下地の張り替え、屋根の葺き替えで解決しますが、床下の場合は、ある程度の時間と施工や手当を続けることで解決を進めるしかありません。何と言っても、風の通り抜けと湿気を除去する為の工事が最も確実な効果を発揮するでしょう。
床下の湿気がニオイのもとに?嫌なニオイは住宅からのSOS
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事