湿気は家の大敵!床下の湿気対策に大切なこと

湿気は家の大敵!床下の湿気対策に大切なこと

Thumb?1414295452 muah♪さん

483

住まいの手入れは、大変な重労働です。でも、手を抜けば抜くだけ住む人の不快感となって跳ね返ってきます。ここでは、快適な住環境を得るために大切なことをご紹介します。


  • 住まいの手入れは快適に住むために必要な重労働です

  • 住まいの手入れは快適に住むために必要な重労働です
  • 住まいの手入れは、大変な重労働です。でも、手を抜けば抜くだけ住む人の不快感となって跳ね返ってきます。もちろん、住空間にカビが生えて臭いに悩まされたり、湿気が酷い場合は、ジメジメ感がいつまでも肌にまとわりついたり、他にも衣類などがしめっぽく感じることは、普通に実感することです。日本の事情になりますが、築三十年以上の経年住宅は、全戸の割合の中でもかなり高い数値を占めるようです。
  • 近年の建築方法

  • 近年の建築方法
  • 床下全面にコンクリートを敷き、湿気を遮断する工法は、近年広く浸透してきていますが、全戸に対して普及と言う点では特殊工法に分類されるのが現実です。従来の地面の束石を置き、その上に木の束柱を乗せ、等間隔に大引や土台で施工していく床工法は、一番ポピュラーなものです。
    その場合の対策上で重要なことですが、地面から床までの高さがどのくらいかと言うことです。年代の古い建てやほど低い傾向にあり、中には二十センチほどの布基礎と呼ばれる石の上に土台をそのまま載せて床を作り上げたものも、まだまだ散見されます。次第に少なくなってはいますが、それでも人の侵入を妨げる高さしかないという建家が多いと言うのが現状です。
    高温多湿で、湿り気の多い月などは住宅そのものに与える影響は計り知りません。近年は住環境の様式が増え、すばらしい建て方が眼につきます。西洋風なデザインや壁や床などにも研究が進んでいます。建材の質と多様性の進歩が住む人のニーズに適応出来たからでしょう。気密性やエコなど快適さの重視が、日本の気候風土には、必ずしも適しているとは言えないのです。むしろ古来の和風建築が最も理に適っていたのです。お寺などで見掛ける高い床、何も遮るもののない床下を風が吹き抜け、湿った空気や虫などは寄せ付けません。紙や木で出来た建家は、すきま風が湿気を溜らせないと言う風土にマッチした建て方なのです。
  • 床下の改善には周りの環境に注意する

  • 床下の改善には周りの環境に注意する
  • 昨今の花粉症やアレルギー体質はカビや湿気などが引き起こす住空間が微妙に影響しているようです。自然の中に立てられた住まいに転居して、嘘のように健康になったという例を、しばしば耳にしますが、納得のいく話に思えます。ところで、床下の改善には、まず周りの環境に注意することが大切です。風の通り道を塞ぐものがないか、あったとしても、移動したり改造したりすることは、何かと物入になったとしても、高価な住まいを守る為には仕方がないのです。余分な植木や花壇など水を掛けて維持する行為はやってはいけないことです。住宅の壁や犬走りなどの距離が取られていないところは、乾燥させることを求められます。
    前後しますが、床の高さは腰が立つくらいが理想ですが、現状のまま床下対策で出来ることは、とにかく湿気を発生させる原因は作らないことです。強度の点で専門家と相談になりますが、布基礎に切られて開いている四方の空気穴を増やしたり、大きくしたりする工事も有効な手段です。
湿気は家の大敵!床下の湿気対策に大切なこと
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事