シミを消す美白成分と、使用による副作用とは

シミを消す美白成分と、使用による副作用とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

73

シミを消すためにさまざまな美白成分が配合された化粧品を使っている方も多いでしょう。ただ、どんな成分でも適切に使わないと副作用が出る可能性があります。高濃度で使いすぎたり、保存状態の悪いものを使うと肌荒れやかぶれといった副作用が出る可能性もありますので、使用方法を事前にチェックしましょう。

  • シミを消すハイドロキノンと副作用

  • シミを消すハイドロキノンと副作用
  • シミを消す為の成分として、ハイドロキノンはメラニン色素を薄くすることで、現代ではホワイトニングさように高い評価を受けています。

    スキンケアコスメにも含まれるハイドロキノンは、もとももは皮膚疾患を治療する皮膚科で使われていた成分です。皮膚科でシミを取り去る治療を目的として、ハイドロキノンの成分はポピュラーに使われていました。

    ホームケアのコスメアイテムには、低濃度のハイドロキノンを配合して、素肌のホワイトニングのお手入れに利用ができるようになっています。
    手軽なホームケアのシミ対策として、今ではとてもメジャーなものとなっています。

    スキンケアコスメでは軽度の配合で問題はないとしても、高濃度のハイドロキノンを使うときには注意です。
    ハイドロキノンが高濃度で肌に使いすぎると、副作用として皮膚が白く抜けたようになるトラブルが発生する可能性があります。ほかにも副作用として、かぶれなども気をつける必要はあります。
  • ビタミンCの美白成分でのお手入れ

  • シミを消す為の美白美容成分として、ビタミンCはとてもメジャーな美容成分です。

    そんなビタミンCにも副作用があるとすれば、酸化した状態を肌に使うことで、皮膚にかゆみや赤みが生じる可能性があることでしょう。

    新鮮な使いきりのビタミンCの美容液なども販売していますので、高品質なものほど、期間愛には使い切る必要があります。透明な高濃度のビタミンCの美容液であっても、数ヶ月も開封をしたままにしておくと、酸化が進んでベタつくようになり、不自然な黄色い色に変わり、ニオイも怪しくなります。

    もったいないからと肌につけるのはナンセンスであり、酸化した状態のコスメを肌につけると、その悪い影響を必ず受けることになります。

    新鮮なビタミンCの美容液成分であれば、肌には美白効果も期待はできますが、酸化した状態は肌のトラブルを招きます。ビタミンCの美容成分は新鮮さも大事ですので、開封をしたら1ヶ月以内には使い切ることです。
  • シミを消すためのコウジ酸

  • シミを消すための美白成分として、コウジ酸も美容業界には人気が高まっています。

    日本手などの酒造りの時には麹が使われていますが、この麹に入っている麹菌を利用していますこれを培養させて、コウジ酸として美容エッセンスなどが出来上がるのです。

    日本の酒職人の手というのは、皮膚のキメが細かくて白ことで知られています。ここにヒントを得て、麹の成分は美容にも役立つのではないかと、研究が進みました。

    チロシナーゼはメラニン色素を黒い色へ変化させますが、コウジ菌はこの働きを抑える役割をしてくれます。麹は入手できるものなので、セルフで商品を作る人もいるかもしれません。

    この際の取り扱いに気をつける必要があり、それを怠ると副作用の心配も出てきます。安定しない成分で酸化しやすい成分でもあるので、保存状態が悪いことで、成分の腐食が進行します。酸化した成分を使うことは肌トラブルを招きますし、コウジ酸は不安定な成分でもあります。
  • アルブチンによるホワイトニングの働き

  • シミを消すための美白成分として、アルブチンは多くの美白化粧品に配合をされています。

    基本的にアルブチンは安全な成分であり、原液を大量に肌に塗るような行為など、無理をすることさえなければ副作用の心配もないものです。

    アルブチンはほかの美白剤のような、強すぎる漂白効果はありませんので、皮膚の一部が白く抜けてしまうようなリスクもありません。

    メラニン色素がたくさん生成されるのを、アルブチンの美容成分は抑えてくれることになります。この穏やかな働きが、素肌へのホワイトニング効果をもたらすことになります。酵素のチロシナーゼの働きは、メラニン色素を酸化させて、メラニンに黒い色を付けます。

    この生成を抑えるのもアルブチンですし、メラニン色素が黒く変わるのを予防してくれることにもなります。太陽光を浴びたとしても、黒くなる前のメラニンであれば、すぐに利用をすることで、ホワイトニング作用は期待できるものです。
  • トラネキサム酸の成分の副作用

  • シミを消すためにも、トラネキサム酸を利用することができます。

    副作用が少ないトラネキサム酸ではありますが、利用をすることに注意をしたほうが良い人もいます。最初からシミ対策や美白のためにあるものではなく、医療での止血用として使われてきた成分です。
    健康状態で血栓症があるタイプなどは、使うのを控えたほうがいいです。

    トラネキサム酸の成分は、健康な人が利用するにはとても良い成分でもあります。皮膚にはシミやくすみが、生きている上で生じるのは普通のことですが、そのくすみやすい肌を、明るい状態に変えていくことができます。

    シミにも種類がありますが、大人のアジア人女性に悩みの、肝斑に対しましても、高い改善の効果が期待できる成分としても知られています。年代的には30代前後から40代の大人女性に出てきやすいのが、肝斑のシミの症状です。洗顔で落とすことはできませんが、トラネキサム酸は肝斑のシミにも有効です。
シミを消す美白成分と、使用による副作用とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事