シミを目立たなくしたいなら知っておきたい副作用のこと

シミを目立たなくしたいなら知っておきたい副作用のこと

Thumb?1414295452 muah♪さん

111

シミを目立たなくしたいのであれば、成分や治療法の副作用についても知っておきたいですよね。市販されている美白化粧品の成分も正しく使わなかったり、体質によっては副作用が出てしまうかもしれません。化粧品なら弱い成分しか使われていないため、よほどのことがない限りは副作用の心配はありませんが、アレルギー体質の人や心配な人は、製品の成分表をよく確認してから使いましょう。

  • 市販の化粧品にも使われるハイドロキノン

  • 市販の化粧品にも使われるハイドロキノン
  • シミを目立たなくする方法は、ファンデーションでカバーするしか対処できないわけではありません。実力を持った成分の働きに頼ることで、シミを目立たなくさせることができるからです。

    ハイドロキノンは皮膚科のシミ治療だけでなく、市販の化粧品にも普通に使われるほど、有効かつ安全性の高い成分です。

    元々医療用として使われてきた成分ですので、副作用が強く出るリスクを持っています。皮膚の中に潜むメラニンを漂白する作用があり、皮膚の奥に成分を浸透させますが、その際に痒みが感じられることがあります。やや痛みが感じられる場合もあるものの、これらの症状がすぐに治まるなら、心配はいりません。

    もしも赤みやかぶれが出たのなら、使用をやめて、処方してくれた病院に相談してください。化粧品の場合は濃度が低いため安全性が高いものの、それでも症状が出たならメーカーに問い合わせてみましょう。この場合も使用をやめて、しばらく様子を見ます。
  • 処方が必要!強力なトレチノイン

  • トレチノインはハイドロキノンとよく併用される、シミ治療用の成分です。ハイドロキノンよりも強力で、医者の処方なしでは手に入れることができません。

    正体はビタミンA誘導体で、皮膚のターンオーバーを強制的に早くすることで、メラニンを排出してシミを目立たなくしてくれます。

    いわば無理やり皮膚の角質層を剥がす効果を持っている成分ですから、炎症を起こすなどの副作用のリスクが高くなっています。
    普通に使っていても症状が見られるケースが多いため、症状が気になるようなら早めに医者に相談してください。濃度が高すぎていると判断したなら、濃度を弱めたものを処方してくれたり、また別の手段で治療を行ってくれます。

    角質が薄くなっている状態であることから、乾燥が進んで皮膚のバリア機能が弱まりやすい副作用についても覚えておきます。外出時には必ず日焼け止めを塗り、帽子や日傘で日差しから皮膚を守るようにしましょう。
  • 肝斑にも使えるトラネキサム酸の注意点

  • トラネキサム酸はメラニンが作られるのを抑えたり、赤みの原因を弱める作用などがあります。

    シミや肌荒れの症状に有効ですが、市販薬として配合されているため、入手は比較的簡単です。美白化粧品にも使われるほどの安全性が証明されています。

    副作用についてはあまり気にすることはありませんが、市販薬のものだとやや成分の配合量が多くなる傾向が見られますので注意しましょう。極めて稀ではあるものの、食欲不振や眠気、発疹といった症状が出る可能性を秘めています。妊娠中や授乳中の女性なら、念のために薬剤師や医者のアドバイスを受けてから使用するのが安全です。

    トラネキサム酸が優れている理由として、肝斑にも使えることがあげられます。一般的なシミ治療だと症状が悪化するケースがある肝斑ですが、トラネキサム酸のおかげで安心して色素沈着の悩みを改善できます。ホルモンバランスが原因のシミを目立たなくする場合に、活躍してもらいましょう。
  • レーザー治療に副作用はある?

  • シミを目立たなくするのに最も即効性があるのが、レーザー治療です。美容皮膚科で治療を受けることが可能です。

    シミなどの黒ずんだ色素沈着の原因であるメラニンに反応するレーザーを照射し、メラニンを破壊して排出を促します。数回施術を受けることで、シミを目立たなく効果が得られます。

    比較的安全な施術ではあるものの、レーザー治療にも副作用が存在します。熱処理を加えるため、腫れや赤みといった軽いやけどの症状について、覚悟しておきます。
    しかし、メラニン以外の色素には反応しにくいレーザーですので、腫れや赤みは時間の経過とともに和らいできます。それまでは血行を促す行動は慎むようにします。入浴や激しい運動、飲酒は症状が治まるまで我慢しましょう。

    紫外線ダメージに敏感になりますので、日焼け止めが必須です。日焼け止めを塗らないと患部に黒ずみが発生する危険があるからです。改善の過程でかさぶたができますが、副作用ではありませんので安心しましょう。
  • 正しい使い方と対処方法を守ること

  • いずれの方法を用いるにしても、正しい使用方法やアフターケアを行わなければ、副作用のリスクが高まってしまいます。
    効果が弱まるデメリットもありますので、シミを目立たなくする効果が発揮されるまでは、真面目に治療や対策方法に専念することが重要です。

    特に病院で治療を受ける場合に、医者のアドバイスを厳守するようにします。効果が高い治療法を施す一方で、早く問題を解決するほどの強力な薬剤や機器を使用します。間違った使い方、対処方法をすれば、逆に肌に悪影響を及ぼしますので、油断しないようにしましょう。

    市販薬については、取扱説明書を熟読することをおすすめします。しばらく使っても症状が改善されないなら、病院に行ったり、薬剤師に躊躇なく相談してください。

    化粧品なら弱い成分しか使われていないため、よほどのことがない限りは副作用の心配はありません。しかし、アレルギー体質の人だと肌が赤くなる心配がありますので、製品の成分表をよく確認してから使いましょう。
シミを目立たなくしたいなら知っておきたい副作用のこと
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事