わくわく新生活の為に。用意しておくべき初期費用と事前準備の5ポイント

わくわく新生活の為に。用意しておくべき初期費用と事前準備の5ポイント

Thumb?1414295452 muah♪さん

252

・事前準備を整えよう
ドキドキな新生活、期待に胸が膨らみますよね。しかし、事前準備、万全に終わってますか? 特に、初めて一人暮らしをされる方、今までは両親の庇護の元、暮らしてきていたのでしょうが、これからはそうはいきません。自分の力で生きていかなければなりませんので、ある程度の知識を身に付けておく事が必要になります。


  • ・こんなにかかる初期費用!

    新生活を始めるに至って、いくらぐらい用意しておけばいいか、ご存知ですか? 新居を借りる為の敷金・礼金や賃貸会社に払うお金、引っ越し料金、家具・家電代……エトセトラ。軽く見積もっても、50万以上。家賃によっては、100万以上かかる場合もあります。余裕を持った生活をしたいのなら、二ヶ月分の生活費と光熱費も一緒に工面しておいた方がいいでしょうね。これらを全てご両親に出してもらう方も多いはず。自分で払わない、とは言っても、いつか親孝行する為にも、覚えておいても損はないでしょう。
  • ・新居の図面を持っておこう

    まずは賃貸会社などから、引っ越し先の図面も貰っておきましょう。契約する時に一度は貰っているかもしれませんが、詳細が載った図面を持っている会社もありますので、利用するのも手です。貰った図面を見ながら、どこに何を置くかを決めましょう。必要な物、必要でない物がわかるはずです。

    ・引っ越し業者、決まってますか?
    引っ越し一ヶ月前には、出来れば、引っ越しを手伝ってくれる人、または業者を探しておきましょう。業者に頼む場合、持って行く荷物を確認しに来られます。見積もりを早く出してもらいたい場合は、早め早めの行動を。

    ・買う物・持って行く物リストを作る
わくわく新生活の為に。用意しておくべき初期費用と事前準備の5ポイント
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事