おいしく飲んできれいになる!白ワインのカロリーや効能まとめ

おいしく飲んできれいになる!白ワインのカロリーや効能まとめ

Thumb?1414295452 muah♪さん

155

ワインってなんだか体によさそう、、そんなイメージはありませんか?
ワインは実際どのように体にいいのか、またカロリーや効能について詳しく紹介いたします!

  • ワインについて知ろう!

  • ワインについて知ろう!
  • まずワインといえば赤・白とありますが赤ワインは肉料理、白ワインは魚料理、と思っている方も多いと思います。赤ワインは白ワインよりタンニンを多く含んでおり、ちょっと渋みがあるので飲みにくい人もいるんです。

    その点で白ワインは、料理と合わせる辛口からデザートに合わせる甘口まで幅があるので、辛いのが苦手、という方もおすすめなのです。

    食べる料理によって甘口、辛口と使い分けるとよいでしょう。一般的に飲みやすいのは甘口なので、ワイン初心者の方は甘口を選ぶと飲みやすいかもしれません。

    ワインの辛口や甘口についてはボトルの裏のラベルに書かれています。中には甘辛度の表記載が載っているワインもあるので、ぜひ購入する前にはボトルの裏をチェックしてみてください。
  • ワインのカロリーって?

  • ワインのカロリーって?
  • グラス一杯の白ワイン、100mlのカロリーは:73kcal
    普通のビールが1缶350mlで、140~170kcalとなっているので、ビールを1缶飲むよりよっぽどヘルシーですよね。
  • ワインの効能って?

  • ワインの効能って?
  • 白ワインには、大腸の腸内細菌のバランスを整える作用があります。古代エジプトでは、ワインは鎮痛や便秘、腸や肝臓の病気に良いとされ、基本の薬として処方されていました。古くから人々はワインをただの飲料としてではなく、身体を守る薬として使用していたのです。ワインは一番おいしく、健康的な薬だったのです。(出典;ワインと健康)

    他にも血圧を下げる効果、記憶力の向上、新陳代謝を高めるなど嬉しい効果ばかり!

    体内のナトリウムを排出する作用のあるカリウムが多く含まれるため、高血圧の予防に効果があるとも言われています。ワインにはナトリウムが含まれていないので、ワインを飲むと高血圧の安定に効果が期待できるかもしれません。

    また、白ワインには抗菌作用があるとも言われており、大腸菌や食中毒の原因になる細菌を殺菌する作用が期待されます。

    生ガキは食中毒を起こしやすいことでよく知られていますが、フランスで生ガキを食べる場合には昔から白ワインが一緒に飲まれていました。おいしいだけでなく食中毒予防に使われていると考えられています。

    それになんといっても、女性に向けて一番おすすめしたいポイントは、ワインは太るのを抑制し、むしろ体重減少を助ける!という点!

    お酒を飲んでダイエットになるなんて嬉しいですよね。ただし1日1杯のワインに限るそうなので要注意です!
  • まとめ

  • まとめ
  • いかがでしたか?

    ぜひ適量の白ワインを飲んで、健康的きれいになりましょう♡
おいしく飲んできれいになる!白ワインのカロリーや効能まとめ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事