舌の痺れを感じた時は歯医者での治療も考えよう

舌の痺れを感じた時は歯医者での治療も考えよう

Thumb?1414295452 muah♪さん

756

舌が痺れるような感覚というのはどういうものなのかわからないという人もいるでしょう。舌は指や脚と違い、火傷にもならない限り痺れを感じることが少ないものです。辛いものを食べたときに軽い痺れを感じることもありますが、特に何の原因も見当たらないのにピリピリとした舌の痺れを感じるような時は舌の病気を疑いましょう。


  • 舌痛症の原因とは

  • 舌痛症の原因とは
  • 舌部分は、舌に細菌が繁殖することで舌痛症という病気になってしまうことがあります。
    口の中というのは歯磨きやうがい薬で清潔にしている人も多いので、通常であればこういった細菌による舌の病気になるようなことはないですが、体が疲れていたりストレスを抱えていたりすると免疫力が低下して、病気になってしまうこともります。
    口の病気では唇が腫れるヘルペスなどもありますが、ヘルペスも舌痛症同様、免疫が低下していたりストレスが多く疲れているとなりやすくなります。
    そして舌痛症による舌の痺れを解消するには、歯医者に行くのが最適です。
    歯の治療ではないので診察するところに迷う人もいるでしょうが、一般的な歯科で対応してもらえます。
  • 口の乾燥は菌の繁殖を増やす

  • 口の乾燥は菌の繁殖を増やす
  • そして口の中の菌を減少させるために、できるだけ口の中を乾燥させないようにもしましょう。
    寝ている時や暇なときは自然と口が開いてしまい、ポカン口になってしまうこともありますが、口を開けている状態が多ければそれだけ口の中と歯が乾燥してしまうことになります。
    歯が乾燥してしまうことが多いと歯の汚れにもつながり、それが口の中の雑菌を増やしてしまうことにもなります。
    できるだけ舌や口の中を清潔な状態にしておくためにも、雑菌が繁殖しないような口状態を心がけましょう。
    また、疲れにくい体にするために運動やストレス解消も大事です。
    ストレスや疲れを溜めてしまうと再発してしまうことにもなります。
    そしてできるだけ早く舌の痺れを解消するためにも、ビタミンの摂取や鉄分の摂取も必要です。
    ビタミンも鉄分も現代人は不足していることが多いので、一度自分の食生活や栄養成分を見直してみるといいでしょう。
  • 免疫力を保って菌の繁殖を防ぐ

  • 免疫力を保って菌の繁殖を防ぐ
  • 元気であればなんでもないようなことも、免疫が低下している状態、疲れている状態だと菌や病にやられてしまうことも多くなるので注意です。
    また、飴やガムなどで常に口の中に何かを入れていることが多いような人は、うがいを良くして菌が繁殖しにくくしましょう。
    歯磨きしやすい歯ブラシ、洗浄効果の高いうがい薬を使用するのも手軽にできる予防法として良いです。
舌の痺れを感じた時は歯医者での治療も考えよう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事