コンタクトで紫外線対策

コンタクトで紫外線対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

316

紫外線の気になる季節がやってくると、新しい日焼け止めを購入したり、日傘をさしたり帽子を被って肌が直射日光に当たらないようにしたり、UVカットと書かれた製品に心が惹かれるようになります。紫外線は肌だけではなく、同じように目にも入ってきますが、紫外線が目に与える影響は、悪いものしかないので、できるだけ目に当たらないようにしたほうが良いと言われています。


  • 紫外線による目への影響

  • 紫外線による目への影響
  • 紫外線の気になる季節がやってくると、新しい日焼け止めを購入したり、日傘をさしたり帽子を被って肌が直射日光に当たらないようにしたり、UVカットと書かれた製品に心が惹かれるようになります。
    紫外線を肌に浴びると、シミやそばかす、ひいては皮膚がんを引き起こす原因にもなると言われていますが、一方では、体内でカルシウムを吸収する効率を高めるビタミンDを生成するという大事な役割も担っています。

    紫外線は肌だけではなく、同じように目にも入ってきますが、紫外線が目に与える影響は、悪いものしかないので、できるだけ目に当たらないようにしたほうが良いと言われています。
    もともと目は多少の紫外線を防ぐことができます。しかし、長時間日差しのきつい屋外で過ごすと、目は紫外線を防ぎきれず、紫外線の影響によって、白内障などの障害を引き起こすことがあります。
  • UVカット機能のコンタクトレンズ

  • UVカット機能のコンタクトレンズ
  • では紫外線から目を守るにはどうすれば良いのでしょうか。
    最近ではUVカット機能のついた使い捨てコンタクトレンズが販売されています。これは紫外線を防ぐ素材を使ったコンタクトレンズですが、その素材にはシリコーンハイドロゲル素材とHEMA素材の2種類があり、その性能も少し違います。
    シリコーンハイドロゲル素材で作られたものは紫外線B波を約99パーセント防ぎ、紫外線A波を約96パーセント防ぐのに対し、HEMA素材のものは紫外線B波を約97パーセント、紫外線A波を約81パーセント防ぐとされていますが、紫外線対策にはどちらも有効と言われています。
    そして1ヶ月タイプのもの、2ウィークタイプのもの、そして1日で使い捨てのものと、ライフスタイルに合わせて選べるのも便利です。
  • サングラスとの併用が効果的

  • サングラスとの併用が効果的
  • しかし、コンタクトレンズは黒目の部分しか覆わないので、白目の部分には紫外線が当たることになります。
    サングラスも紫外線から目を守ることができますが、目とサングラスの間から紫外線が入ってきてしまうので、完全にUVカットできるとは言えません。
    そのため、より効果的に紫外線を防ぐには、UVカットのコンタクトレンズとサングラスを併用すると良いでしょう。
    また、サングラスは色の濃いものが良いというものではなく、UVカットと表示されたものを選ばないと効果はありませんので注意しましょう。
    このように通勤や少し外出するくらいならUVカットのコンタクトレンズのみで、屋外でスポーツする場合や長時間屋外にいなければならないときはサングラスも併用する、というふうに使い分けをして、紫外線から大切な目を守りましょう。
コンタクトで紫外線対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事