押入れやタンスの湿気取りを行おう

押入れやタンスの湿気取りを行おう

Thumb?1414295452 muah♪さん

386

押入れなどは空気の流れが悪い場所なので、湿気取りを行わないと、いつの間にかカビだらけになっている可能性があります。


  • カビの発生しやすい押入れやタンス

  • カビの発生しやすい押入れやタンス
  • カビの発生原因になるのが湿気ですが、特に湿気が籠り易い場所と言えば押入れやタンスですよね。
    押入れなどは空気の流れが悪い場所ですので、湿気も籠り易く、カビも発生し易い状態になっているのです。
    その為、湿気取りを行わないと、いつの間にかカビだらけになっている可能性もありますよ。
    湿気取りの方法は色々ありますので確認しておく事をお勧めします。
    湿気は空気の流れが悪い事によって発生しますので、時折り空気を入れ換えてあげる事が大切ですね。
    その為、定期的に押し入れやタンスを全開にして籠っている空気を逃がしてあげるようにしましょう。
    湿気取りと言えば除湿剤も役立ちますので、押し入れなどに入れておくのも良いのですが、お金を掛けずに済ませる方法もありますよ。
  • 簡単にできる湿気対策

  • 簡単にできる湿気対策
  • 例えば新聞紙を活用する方法ですが、新聞紙は湿気を吸ってくれるとして知られていますよね。丸めた新聞紙を収納スペースの角に置いてみたり、吊り下げておく事によって湿気対策を行う事ができます。
    また、タンスの中の衣服の下に敷いてみるなどの利用法もありますので、工夫して活用してみてはいかがでしょうか。

    備長炭を活用するのも良いかもしれませんね。備長炭も湿気対策の定番ですが、置いておくだけで湿気を吸ってくれますので、役立ててみると良いでしょう。

    すのこを活用するのもお勧めですよ。空気の流れが悪いと湿気が溜まってしまいますので、すのこを敷いて空気の通り道を作ってあげましょう。すのこには大型の物から薄型の物までありますので、押し入れからタンスまで幅広く活用する事ができますよ

    空気の通り道を無くさない為にもぎゅうぎゅうに物を詰めないのもポイントです。
    押入れに沢山の毛布などをぴっちりと入れたりすると、湿気の逃げ道も無くなってしまいますので気を付けた方が良いと言えます。

    時折り天日干しをするのも大切ですね。
    特に押入れにしまってある毛布類は湿気を吸い易い為、ずっとしまっておくのではなく、たまに日差しに当てて湿気を逃がすようにしましょう。
    また、押し入れを空っぽにすれば籠った湿気も逃げ易くなりますね。
  • 押入れ湿気対策のまとめ

  • 押入れ湿気対策のまとめ
  • 湿気取りをしっかりと行う事でカビ予防をする事ができます。
    押入れやタンスなどの空間は特に湿気が籠り易くなっていますので、時折り空気を入れ換えるなどして湿気を逃がす事が大切です。
    新聞紙や備長炭を活用すればお金も掛けずに済みますので活用してみると良いでしょう。
    また、すのこを敷いて空気の通り道を作ってあげるのも有効ですよ。
    そしてたまに天日干しも行い、毛布などが吸った湿気を逃がす事も大切ですね。
押入れやタンスの湿気取りを行おう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事