ワンルームに便利♪ベッド下収納の有効な利用法

ワンルームに便利♪ベッド下収納の有効な利用法

Thumb?1414295452 muah♪さん

989

ベッドを使う場合、ワンルームなどでは、ベッド下収納の有るタイプですと収納スペースが増えて便利です。しかし、ベッド自体が寝ている間の汗による湿気を持ちやすいので、湿気ている場所が近いのも原因の一つです。


  • ワンルームにはベッド下収納が便利です

  • ワンルームにはベッド下収納が便利です
  • 一人暮らしをする場合、ワンルームマンションなどの部屋数が少ない所を借りる事も多いでしょう。今はワンルームでも、バス、トイレ、キッチンなどの水回りは標準で付いている物件がほとんどで、非常に便利な造りになっています。折角の限られた空間ですから、有効に利用したいものです。また新しく貸し出す物件は、新築でもリフォームでも、洋室が基本となっています。すると、寝る場所はベッドを利用するといった場合も多いかも知れません。
  • 一人暮らしに便利なベッド下収納

  • 一人暮らしに便利なベッド下収納
  • ベッドを使う場合、ワンルームなどでは、ベッド下収納の有るタイプですと収納スペースが増えて便利です。ベッド下収納の一般的なタイプは、普通の高さのベッドの下の部分に引き出しが付いている物が主ですが、さらに大きなスペースを持っている物が有ります。これは二段ベッドのタイプの一階部分にはベッドが無く、収納スペースとなっていて、棚や洋服掛けがセットになっていたりと、押入れのような使い勝手となっています。しかし、これらはいずれも収納が出来て便利では有りますが、湿気易い点が気になります。収納スペースは普通は外から見えないようにしますので、ベッド下収納も外から見えないようになっている事が多いです。外から見えないという事は、その分通気性も悪くなってしまいます。また、同じ収納スペースといっても、押入れよりは空間が狭い事が多く、そうすると内部の空気の動きも少なくなり、結果として湿気が逃げにくくなります。また、ベッド自体が寝ている間の汗による湿気を持ちやすいので、湿気ている場所が近いのも原因の一つです。
  • 部屋の湿気には換気を良く行いましょう

  • 部屋の湿気には換気を良く行いましょう
  • 対策としては、引き出しなどの収納内部を外気にさらすのが一番ですが、しょっちゅう収納部分を開け閉めするのは難しいでしょう。その場合は部屋の換気をこまめに行ったり、時々布団を干したりして布団とマットの両方を乾かすなどすると効果的です。なかなか布団を干せない環境の場合は、布団乾燥機を使うと良いかも知れません。
    部屋の湿気が多いと、カビが発生しやすく、ジメジメした空気も健康には良くありませんので、部屋の換気を良く行うのが一番効果的です。しかし、一人暮らしの場合、しょっちゅう窓を開けて換気するのも不用心で出来ない事も多いかも知れません。そのような場合は、外気にさらされにくい収納部分には除湿剤を使う、調理中は換気を必ず行う、浴室を使う時は浴室換を行うなど、部分的な換気に気を遣うと効果的に換気と除湿が行えます。
ワンルームに便利♪ベッド下収納の有効な利用法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事