便利さだけじゃない!?ベッド下収納を利用する際の注意点とその対策法

便利さだけじゃない!?ベッド下収納を利用する際の注意点とその対策法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1116

ベッドには収納が付いている物が人気です。収納の小さいものは、枕元に小物程度を入れるタイプから、大きいものはベッドの下が収納になっていて、ベッドの平面積と同じくらいの空間を持っていたり、2段ベッドの1階がまるまる棚や洋服掛けになっているタイプなどが有ります。このようにスペースを有効に利用出来るベッド下収納ですが、唯一、湿気易いのが気になる所でしょう。


  • ベッド下収納には色々なタイプがあります

  • ベッド下収納には色々なタイプがあります
  • 出典: instagram.com

  • ベッドには今では色々なタイプが有り、一例としては、2段ベッドの下が勉強机になっている物、ベッド本体を折りたたんで就寝時以外は部屋を広く使える物、和室用の物など様々です。
    そして、ベッドには収納が付いている物が人気です。収納の小さいものは、枕元に小物程度を入れるタイプから、大きいものはベッドの下が収納になっていて、ベッドの平面積と同じくらいの空間を持っていたり、2段ベッドの1階がまるまる棚や洋服掛けになっているタイプなどが有ります。
  • ベッド下が湿気やすい原因

  • ベッド下が湿気やすい原因

    出典: instagram.com

  • 中でも、普通の高さのベッドの下が丸々収納になっている物は、見た目にもすっきりしていて実用性も高いです。これにも若干タイプの違いが有り、収納の方法が異なります。一つはベッド下が引き出しになっていて、横にスライドさせて中身を出し入れするタイプ、もう一つはベッドのマット部分を上に展開させて出し入れするタイプです。前者は部屋に引き出しを開けるスペースが必要ですが、後者はベッドの設置スペースが有れば使用は可能で見た目に収納が有るようには見えにくいのが特徴です。また前者は引き出しですので、深さはあまり取りませんので、服や小物類を収納するのに便利で、後者は開口面積が広く深さも引き出しタイプよりは深い場合が多いので、布団など大きいものを収納するのに便利です。
    このようにスペースを有効に利用出来るベッド下収納ですが、唯一、湿気易いのが気になる所でしょう。その原因はベッド自体が人の就寝時に出る汗で湿気易いのと、収納場所が通気性の良くない場所に有る点です。通気性が悪い場所は押入れも似ていますが、ベッド下の場合、使っている空間が上下に狭い為、空気の対流による通気を受けにくい点が異なります。
  • ベッド下収納の湿気対策

  • ベッド下収納の湿気対策
  • またベッド下収納の場合、材質が頑丈で外から収納内部が見えない物を使っていて、且つベッドの上にはマットや布団が有り、より通気が困難となっています。これは構造上仕方が有りませんので、対策として簡単なのは、収納内を時々空けて通気させる事です。また、押入れ用の除湿剤も効果的です。湿気を防ぐ事はカビの防止以外にもアレルギーの原因の一つである、ダニの予防にも効果が有ります。
    このように、ベッド下収納の湿気の原因は通気が良くない事に起因するのが主ですから、出来るだけ収納部分を開ける事が望ましいですが、いつも開けっ放しにはしないでしょうから、普段は部屋の換気をまめに行うのが、最低限の対策となるでしょう。
便利さだけじゃない!?ベッド下収納を利用する際の注意点とその対策法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事