あなたの寝具は大丈夫?布団が湿気を帯びる原因

あなたの寝具は大丈夫?布団が湿気を帯びる原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

785

寝具である布団が吸い込んでいる湿気とは、人のかく寝汗と空気中にある湿気がその原因となっているものなのです。寝具というものは人が毎日、そこに寝るものであるために、当然に就寝中に人がかいている寝汗を吸い込むことになるわけです。毎日、人がそこに寝ている布団には、その度に人がかく寝汗が吸い込まれているわけなのですが、これ以外にも、布団には空気中の大気に含まれているものや、あるいは床下などから湿気というものが吸い込まれているわけなのです。


  • 寝具である布団が吸い込んでいる湿気とは

  • 寝具である布団が吸い込んでいる湿気とは
  • 寝具である布団が吸い込んでいる湿気とは、人のかく寝汗と空気中にある湿気がその原因となっているものなのです。寝具というものは人が毎日、そこに寝るものであるために、当然に就寝中に人がかいている寝汗を吸い込むことになるわけです。
    ところがこの寝汗というものは、蒸し暑い夏場の季節にだけ出るものなのではなく、実は人が寝ている時には必ずかいているものなのです。そもそもが、人の身体というものは汗をかくことによって体温調整をしているのであり、この点で獣と呼ばれていて、身体中が毛で覆われている他の哺乳動物とは異なっているのです。
  • 人の場合には汗をかくことで体温調節をしています

  • 人の場合には汗をかくことで体温調節をしています
  • 例えば、犬は全身が毛に覆われているために、汗をかいて体温調節をするということがほとんどできないことから、夏場の蒸し暑い季節になると、口を開けて舌をだして唾液から熱せられた体温を発散させる、ということをしなければ体温調節をすることができないのです。
    人の場合には、このように汗をかくことで体温調節をしているわけなのですが、風邪をひくと熱が出るというのも、実は、熱を出すことでウイルスに対する抵抗力を増すようにする、という身体の持つ防御機能が発熱の原因となっているのですが、その結果としてより汗をかくことになることは、言う間でもないことでしょう。
  • 人には寝汗をかいている自覚というものがない

  • 人には寝汗をかいている自覚というものがない
  • さすがに夏場以外の季節では、外気中では始終、汗をかいているということはないものの、寒さの厳しい真冬であっても、寝具で身体を覆って寝ている就寝中には身体が暖められているために、やはり寝汗をかいているのですが、人にはその自覚というものがないだけなのです。
    このように、毎日、人がそこに寝ている布団には、その度に人がかく寝汗が吸い込まれているわけなのですが、これ以外にも、布団には空気中の大気に含まれているものや、あるいは床下などから湿気というものが吸い込まれているわけなのです。この大気中の湿気というものも、季節によってその量が変動するわけで、梅雨や夏場といった季節には多く、空気が乾燥している冬場には少ないことも、自明のことと言えるでしょう。
    しかし、いい寝具の条件には吸湿性の良さというものがあり、またさらには放湿性の良さというものがあれば、なお良いわけなのです。
    現在では、綿のものに加えて羽毛布団というものが普及してきているのは、これがこの吸湿性と放湿性を共に兼ね備えたものであるために、綿布団のように日干しをしなくても、それを良好に保つことができるという特性を有しているからなのです。
あなたの寝具は大丈夫?布団が湿気を帯びる原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事